ダーニング

健康

穴が開いた冷えとり靴下を繕うのにも慣れてきました

数ヶ月前に冷えとり靴下をたくさん繕ったので、いったんは縫う靴下がなくなりましたが、ぼちぼち小さな穴が開いています。 縫い目が裂けて穴が開くことも多いです。靴下を洗濯機で洗っているせいかもしれないし、縫い方がキツイor下手なのかもしれません。ダーニングした周囲が破れている靴下もあります。
健康

穴が開いたレギンスを繕いました【冷えとり健康法】

冷えとり健康法をしている私は、半身浴をし、靴下とレギンスを重ね履きしています。 冷えとり靴下は日中用と就寝用を分けて、昼間は9〜10枚、寝る時は19枚履いています。 昼間のレギンスは、冷えとり靴下の841で買った「内絹外綿レギンス」と「内絹外ウール冷えとりレギンス」を2〜3枚履いています。
健康

着なくなったセーターの袖を使ってウールの靴下を繕いました

冷えとり靴下を重ね履きするようになって2年が経ちますが、ときどき靴下に穴が開きます。 絹の靴下は絹の端切れを使って、穴を塞いで繕っています。 ウールの靴下のかかとも6枚破れているので、どうしようかと思いましたが、着なくなったセーターの袖を使うことにしました。ウールの靴下なので、当て布もウールがいいなと思いました。
健康

冷えとり靴下の841の「分厚いウールのカバーソックス」に開いた穴を繕いました

寝るときに履いているウールのカバーソックスに穴が開いていたのを、やっと繕いました。 冷えとり靴下の841で買った「分厚いウールのカバーソックス」です。 かかとが破れていたのを放置して履いていたら、もう一ヶ所破れました。左右同じように穴が開きました。ウールなので毛糸で繕おうかとも思いましたが、絹の端切れを使いました。
健康

冷えとり靴下で一番多く破れるのはかかとです【冷えとり健康法】

冷えとり健康法で、靴下を重ね履きしていると、ときどき穴が開きます。 ダーニングのワークショップに参加した時にいただいた紙に毒出しMAPが載っていました。 足の裏は臓器と関係していて、靴下の破れた箇所で体の悪いところがわかるそうです。 私の場合、一番多く破れているのはかかとです。 かかとは、子宮や膀胱と書いてあります。
健康

「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」のマフィンで冷えとりお茶会

ダーニングのワークショップが行われた「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」は、東横線自由が丘駅から徒歩10分、大井町線緑が丘駅から徒歩5分の場所にあります。ワークショップのあとに、プレーンのマフィンをいただきました。 飲み物もオーガニックで、私はほうじ茶にしました。穀物コーヒーもありました。
健康

とても身体が冷えやすい梅雨の時期の冷えとり

梅雨の時期はとても身体が冷えやすくなっているらしいです。 電車の冷房は平気なのですが、職場はとても寒いです。冷えとりしていても冷えます。 冷えとり健康法では下半身を厚く、上半身を薄着にして、熱が逃げるように首元は開けておくようにオススメされています。私は首が冷えるので、職場で寒いときは首にショールを巻いています。
スポンサーリンク