マーマーマガジンのわたしの手帖に載っていた「塩浴」をやってみました

12月から日記帳として使い始めたマーマーマガジンの「わたしの手帖」の付録に、塩浴が載っていました。簡単そうだし、やってみることにしました。

塩浴

塩浴とは?

塩浴とは、「伯方の塩」で有名な伯方塩業の創業者のひとり、松本永光さんが考案した入浴法です。
石けんやシャンプー、リンスを使わずに、塩(塩湯)だけで髪や体を洗います。

塩自体には洗浄力はありませんが、塩の浸透圧作用で汗が出やすくなり、皮脂や汚れも排出しやすくなるそうです。

伯方の塩を使用

スーパーで伯方の塩を買ってきました。

伯方の塩

塩浴のやり方

広口の容器に500mlほどのお湯を入れ、完全に溶けきらない量の塩を入れた「塩湯」を作ります。洗面器を使いました。

  1. まず浴槽でしっかりと温まり、毛穴をひろげて皮脂を出しやすくする。
  2. 頭のてっぺんから足の裏まで、塩湯を塗る。
  3. 塩湯を塗ったら5~10回なでる。お湯でしっかり洗い流す。
  4. ふたたび湯船で温まる。
  5. 最後に冷水(寒い時期はぬるま湯でもOK)を浴びて皮脂を固める。

ヌルヌルはしなかった

いつもは体を洗ってから半身浴をしていますが、先に半身浴をしてから、塩湯を体に塗って5~10回なでました。

自分の手で体をなでるのはマッサージにもなるし、自分を大事にしているようで良いです。手当てしている感じがします。

引っかいた傷があり、塩がしみました。でも我慢できないほどではないです。
最後に冷水で引き締めるのが、勇気が必要で、ぬるま湯を浴びました。

shower

肌がヌルヌルしてきたら、皮脂が出てきたサイン。

とありますが、ぬるぬるしませんでした(^_^;)

簡単で始めやすい

塩は身近なものだし、清められる感じが良いです。特別なものが必要ないので、始めやすいです。私は洗面器を買いましたが、安いものですし。

お風呂上がりの肌がすべすべしています。続けてみようと思います。
本も読んでみたいです。

>>>次の記事で、本を読んだことを書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)