ダンスコの直営店「dansko en…」に行って歩き方を習いました

青山にあるダンスコの直営店「dansko en…」に行きました。
地下鉄銀座線・千代田線・半蔵門線の表参道駅から徒歩10分の場所にあります。

dansko en...

ダンスコはセレクトショップなどでも買えますが、直営店は青山と名古屋にあります。
日本国内向けのダンスコ商品がすべて揃っています。

歩き方のレクチャー

彼からの誕生日プレゼントで「INGRID」を買ってもらいました。
「歩き方が悪いと、腰を痛める」とのことで、お店の方(店長さんが一人だけいました)に歩き方を教わりました。

ダンスコのサボ「INGRID」を買いました【冷えとり靴】
来週は誕生日なので、彼からプレゼントで、ダンスコのサボを買ってもらいました。 日本国内向けのダンスコ商品がすべて揃っている直営店「dans...

歩き方のポイント

日本人は着物を着て下駄を履いていたので、つま先に力を入れて歩いていたそうです。
靴は、かかとから着地して、腰で歩くものだそうです。
でも、日本人はつま先に力を入れて歩く人が多いので、腰が痛くなったり、肩がこったりするそうです。

× 日本人はつま先立ち
○ かかとから、腰で歩く

小学生の時に日本舞踊をやっていたのですが、たしかに、下駄や草履を履くと、鼻緒で引っ張って歩くような感じになります。
言われたら納得!でしたが、こういう話は初めて聞きました。

かかとから着地

つま先で踏ん張らないように、電車の中などで立っている時に指を動かすと良いと言われました。
かかとから着地しやすいように、「INGRID」のかかとは最初から斜めになっています。

ダンスコのかかと

青山と名古屋でしか、歩き方のレクチャーはしていないそうです。
店内と外で実際に歩いてみました。

歩き方レクチャー

疲れにくく靴も長持ちする歩き方

購入したイングリッドが入っていた箱の中にも、歩き方についての説明が入っていました。

美しい歩き方=疲れにくく、靴も長持ちする

  1. つま先を踏ん張らない、つま先に体重を乗せない
    つま先を踏ん張らずリラックスしましょう。コツは「グーではなくパー」です。
  2. 前足をいつもより前へ、かかとのカドで着地
    前足を前方に軽く放り出してみましょう。
    足が自然に落ちてくるタイミングで、かかとのカドから着地してワンテンポ遅れてつま先を軽く接地します。
  3. ヒザではなく、太ももの付け根で歩く
    ひざに力を入れずにリラックス、太ももの付け根で体重を支えます。
  4. 後ろ足で蹴り下げない、返しをいれない
    かかとのカドで地面を蹴るイメージで歩きます。体の重心より後ろに足を残さないようにしましょう。

感想

お店の方に、何か疑問に思ったらお電話くださいと言われました。
最初はちょっと取っつきにくくて怖かったのですが、プロ意識が高く、素晴らしい接客でした。買い物に付き合った彼は店員さんと談笑していたので、彼好みだったようです。

カタログなど

歩き方に気をつけて、大切にガンガン履きたいと思います♪

店舗情報

店名:dansko en…
住所:東京都港区南青山 6-7-5
電話:03-3486-7337
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎水曜日(年末年始もお休みです)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)