長岡式酵素玄米の炊き方

以前、「長岡式酵素健康の会 本部」で行われた長岡式酵素玄米の講習会に参加しました。
その後、彼の家では圧力鍋などの調理器具などを購入して会員となり、長岡式酵素玄米を食べています。

炊き方直伝の証

専用器具を使った炊き方

彼の家では、長岡式酵素玄米を彼が炊いています。炊き方を見せてもらいました。
長岡式酵素玄米は1度に1升を炊きます。

材料

玄米………10合(1升)
あずき……半合
サンナトリウム…スプーン山盛りの半分くらい

計量準備

1.計量

紙の上に玄米を出し、太陽の家のコップを使って10回に分けて量ります。

玄米を計る

コップに入れた玄米の表面をならす木も専用のものです。竹串は何杯目かをカウントするために使っているそうです。1杯ずつ量って圧力鍋の内釜に入れていきます。

玄米を計る

小豆は太陽の家で購入したものです。小粒が良いそうです。

小豆

太陽の家のコップの白線まで量ります。

小豆の計量

小豆を内釜に入れます。

玄米と小豆を内釜に入れる

2.水洗い

玄米と小豆が入った内釜に、浄水器を通した水を入れます。

浄水器の水を入れる

専用の泡立器を使って、右回りに手早く洗い、もみ殻などを浮かせて流します。

もみ殻を取り除く

ボールとざる(太陽の家で買ったもの)に移します。
水を流しながら、泡立て器で洗います。

水を入れる

ざるを斜めにして水を切ります。主婦の知恵だと自慢していました(^_^;)

ざるを傾け水切り

玄米と小豆を内釜に移して、太陽の家のコップで9.5杯の水を入れます。
基本は10杯ですが、玄米の質や好みで調整しているそうです。BRITAの水を使っています。

水の計量

塩は、太陽の家で購入したサンナトリウムです。静電気分解されているそうです。

サンナトリウム

専用スプーンと竹串を使って、高さ3センチ、斜め2センチ位の三角形を作ります。

塩の計量

左手で鍋の縁にスプーンを固定し、泡立器で3分間右回りにかき混ぜます。(講習会の時は5分と言われました。)塩がとけた後はスプーンを外します。

塩を溶かしながら水洗い

けっこう力がいるようです。

水洗い

3.炊飯

圧力鍋の外釜に水を1杯半入れます。

外釜に水

内釜をセットします。

内釜をセット

圧力鍋のハンドルが一文字になるように合わせます。

圧力鍋をセット

火をつけます。7分目の火で、鍋底に届くかちょっと流れる位の火加減です。
25分タイマーをセットします。
25分ほどで重りが動き始めたら、13分タイマーをセットします。

圧力鍋のおもり

13分ほどで重りが止まったら、5分の火にして、15分タイマーをセットします。
タイマーが鳴ったら火を止めます。50分蒸らし、保温ジャーへ移します。
炊き上がりはこんな感じです。

炊き上がり

4.発酵

ご飯を移す時は木のしゃもじはダメで、プラスチックのしゃもじを使います。
保温ジャーも、長岡式酵素玄米専用のジャーです。

保温ジャー

ジャーは2升入るので、同じ日に炊いた玄米は混ぜて良いそうです。

保温ジャーへ移す前

日が違う場合は、分けます。色が全然違いますね!

保温ジャーへ移す

3日間発酵させます。1日1回しゃもじでかき混ぜます。

感想

私はときどき、彼の炊いた玄米を分けてもらうのですが、もちもちしてとても美味しいです♪
手間はかかりますが、おいしくて健康に良いものは続けられるので良いですよね(*^^*)

▼私は酵素玄米が炊ける炊飯器と迷ってます(^_^;)


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)