「ホルムガード フローラベース」に花を生けました【レビュー】

インテリア

うちの猫が亡くなってから5ヶ月が経ちます。

手元供養をしているので、彼がフラワーアレンジメントを買ってくれていましたが、ゴミが出るし花屋の待ち時間も無駄に感じるので、切り花をいける方がいいかなと思い、花瓶を買いました。

初心者にぴったりの花瓶

初心者にぴったりの「ホルムガード フローラベース」にしました
デンマーク王室御用達のメーカーで、「フローラベース」は口が狭くて、花が活けやすいそうです。

ミニブーケを生ける

花屋でミニブーケ(600円)を買いました。

花が長持ちする「クリザール」というものをもらいました。こういうのがあるんですね。

「クリザール」は切り花の栄養剤です。
中身は粉末で、500mlに1袋入れるように書いてあります。フローラに入れるなら、数回使えます。

10円玉を入れると切り花が長持ちすると聞いたことがありますが、銅の抗菌作用で水が腐らないみたいですね。

口が狭くて活けやすい

ミニブーケをそのままフローラに入れると多すぎたので、減らしました。
お花を習ったこともないので、適当です(^_^;)

たしかに、口が狭いので花の本数が少なくても広がらなくて生けやすいです。

残りはデュラレックスのグラスに入れました。

猫の骨壷の両脇に置きました。

サイズもちょうど良い

こげ茶のインテリアなので、ブルーを選んで正解でした。サイズも小さめで価格もお手頃です。

楽天の花瓶ランキングで1位だけあって、使いやすいです。

私がお花のことを知らないので、もっと他の人たちが活けているのを見て、どんな色の花がいいのかとか、本数とか、研究が必要だなと思いました。

やっぱりお花があるといい感じですね♪
せっかくステキな花瓶を買ったので、どんどん使っていこうと思います。

>>>お手入れには無印良品の「隅まで洗えるボトル用ブラシ」がピッタリです。

コメント