スイスのプレミアムチョコレート「Lindt(リンツ)」のリンドール

彼の家で「Lindt(リンツ)」のリンドールを食べました。
久しぶりに食べたので、美味しかったです(*´ڡ`●)

IMG_1042 のコピー

リンドール(Lindor)

「Lindt(リンツ)」は、スイスの伝統あるチョコレートブランドです。

リンドールは、外が普通のチョコレートで、中に柔らかな半練り状のチョコレートが入っている一口サイズの丸いチョコレートです。

名称未設定 1 のコピー

食べると、2種類のチョコの食感と風味が柔らかく溶けてまじりあって、すごくおいしいです。

中のチョコレートは、ミルクやヘーゼルナッツ、ホワイト、ダーク、エキストラダークなどとなっています。

包み紙もカラフルで、高級感があります。


コストコはアメリカ製

リンツのリンドールは、コストコでも売られています。

彼が住んでいる埼玉県入間市には、「三井アウトレットパーク入間」があり、リンツのショップも入っています。そして、コストコも併設されています。

なので、彼の家では、リンツのリンドールを食べる機会が多く、私もときどきごちそうになっています♪

スイス製との違い

このリンドールですが、スイス製とアメリカ製の2種類があるのをご存知ですか?

国内の正規店や、正規ルートで売っているのはスイス製で、コストコで安く売っているのはアメリカ製

だそうです。

IMG_1036 のコピー

値段は倍近く違って、

スイス製は1個100円くらい。アメリカ製が1個50-60円くらい。

だそうです。経済評論家の勝間和代さんのメルマガで知りました。

食べ比べ

彼が食べ比べしてみたそうですが、コストコで買ったアメリカ製のリンドールはちょっとくどい感じで、スイス製のリンドールの方がくちどけが良いそうです。(あくまでも彼の感想です。)

中身も、アメリカ製は5種類くらいしかなく、スイス製は11種類くらいあるそうです。

バレンタインなどの贈り物にするなら、おいしさが勝るスイス製のリンドールが良さそうです。
パッケージも豪華でステキです(*^_^*)

バレンタイン限定のスペシャルチョコレートもありますよ☆


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)