大原扁理さんの「20代で隠居 週休5日の快適生活」を読みました

大原扁理さんの「年収90万円で東京ハッピーライフ」が面白かったので、この本より前に出ている「20代で隠居 週休5日の快適生活」も読みました。

東京郊外で隠居暮らし

東京郊外に住む大原さんは、隠居暮らしをしています。働くのは週2回で、介護のお仕事をされているそうです。

本を読んで、「なんて健康的な生活をしているんだろう」と感心しました。
自分に合ったライフスタイルを選びとって実践しているところが良いです。

私は人がたくさんいるところが苦手だし、集団に合わせられないし、仕事がいつも続きません。物欲もなくなってきたし、生活レベルを落として、自分でできることは自分でやって、お金をかけない生活をするのもアリだなと思います。

今年になってやっと、会社で働くのがイヤなんだと気づいて、嫌な場所には長くいることをやめようと思っています。

自分を使えばお金を使わなくてOK

大原さんは普段から体を動かしているし、食事も自炊だし、素晴らしいと思います。
長時間電磁波にさらされていないのも、体に良いと思います。

自分を使えば、お金は使わなくてOK

と書いてありますが、こまめにお掃除をしているのも素晴らしいです。

まさに、冷えとり健康法の本に書いてあることを実践されています。「年収90万円で〜」によると、足湯もされているようですし。

朝のラジオ体操

大原さんの朝はラジオ体操から始まりますが、ラジオ体操は全身の筋肉が動かせる良い運動ですよね♪

この本を読んでから、私も久しぶりに毎朝ラジオ体操をやっています。特に運動はしていないし、5分なら続けられるので。

重曹を使った洗濯

洗濯には重曹を使っているそうです。
私も掃除には使っていますが、洗濯には使ったことがありません。

「マザータッチ」を使っていますが、買わずに済むならその方がいいので、重曹を使った洗濯を試してみたいです。

ひきこもりも1人じゃできない

高校卒業後、3年間引きこもって、言葉が出てこなくなり、世界一周に行った大原さんですが、

一人旅もひきこもりも、みんながいてこそできる

と分かったそうです。

他人への感謝を忘れないところも素晴らしいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)