【板橋区】お茶の風味がそのまま味わえる♪日本茶専門店「大山園」のかき氷

食べ歩き

毎年夏にはかき氷を食べています。
今年初のかき氷は、板橋区のお茶屋さんで食べることにしました。
初めて東武東上線の大山駅に降り立ちました。

世界初!お茶やイチゴを閉じ込めた氷

お休み処 お茶の「大山園」は、東武東上線「大山駅」南口から徒歩1分の、ハッピーロード大山商店街にあります。

創業60余年の日本茶専門店です。店内に喫茶スペースがあります。
お店に入ると、お茶の香りがしました。

かき氷は宇治金時、ほうじ茶、イチゴの3種類です。

大山園の氷は、「千利氷(せんりひょう)」という、お茶の葉や抹茶や苺を氷と一緒に凍らせる特殊な製法で作られています。

氷にシロップで味付けをするのではなく、氷の中に抹茶やイチゴが入っているため、お茶本来の風味がそのまま楽しめるそうです。

ほうじ茶氷と宇治金時

かき氷は、注文を受けて、ひとつずつ作られています。
彼は「ほうじ茶氷」(650円)、

私は「宇治金時」(650円)にしました。

お茶の風味がそのまま感じられます。さっぱりした味わいで、夏の暑い日にピッタリです!
甘さが欲しくなった私たちは、80円で練乳を追加しました。

シロップは、一度にかけると氷が溶けてしまうので、スプーンで少しずつかけて食べました。

冷たいものを食べると頭が痛くなる彼も、大山園のかき氷は大丈夫だったそうです。

私達が食べ終わった頃、お客さんが増えていました。

ハッピーロード大山商店街は、活気がありました。隣の松屋で大学芋を買いました。
ピエロのソフトクリームやクレープも気になりましたが、お腹いっぱいなので諦めました。

店舗情報

店名:大山園
住所:東京都板橋区大山町6-8
電話:03-3956-0471
営業時間:喫茶10:30-20:00(L.O.19:30)
10:00-20:00、火11:00-19:00
定休日:毎月第3火曜日または第4火曜日
禁煙

コメント