「ひつまぶし名古屋 備長 東京スカイツリータウン・ソラマチ店」で香ばしい鰻を食べました

食べ歩き

今日はすみだ水族館(彼が好きなペンギンを見るため)と郵政博物館(私が好きなはしもとみおさんの彫刻の展示を見るため)に行きました。ふたつが入っているのは、東京スカイツリータウン・ソラマチです。

お昼はオーガニックカフェに行く予定でしたが、駅から15分ほど歩くのと、遅くなると水族館が混みそうなため、予定を変更し、ソラマチで食べることにしました。

名古屋名物ひつまぶし

「ひつまぶし名古屋 備長」は、東京スカイツリータウン・ソラマチの6階にあります。

名古屋の郷土料理ひつまぶしが食べられるお店です。店頭で、鰻が焼かれていました。

行ったのは日曜日の11時30分頃で、行列が出来ているお店もありましたが、すぐに入れました。奥の2人席に座れたので、ソラマチにいることを忘れるくらい、ゆっくりできました。

ふたりとも、「上ひつまぶし」を食べました。吸い物と漬物が付いています。

「ひつまぶし」(3,500円)と「上ひつまぶし」(4,380円)の違いは、うなぎの量ということでした。(上が1人分でひつまぶしはその7割)

吸い物。

薬味と出汁。

1つで3度楽しめる

美味しい食べ方を参考に、食べました。
一膳目はお茶碗に盛り、そのまま鰻の味を楽しみます。

こうやって、ちまちま食べるのも好きなんだよと彼が言っていました。

二膳目はネギとワサビを加えて、一緒に食べます。
薬味を加えることで、濃い味のうなぎが、さっぱりと食べられます。

三膳目は薬味と海苔を乗せ、出汁をかけてうな茶漬けとして食べます。
彼は海苔を乗せるのを忘れていました。
出汁がすぐ茶色になります。さらに口当たり良くさらさらと食べられました。ただ、お腹は膨れますね。

関東では珍しい

ソラマチには鰻屋さんもあるのですが、ひつまぶしを選んだのは、高価なお店は空いているのと、ひつまぶしは関東にあまり無いからとのことでした。

私もひつまぶしはほとんど食べたことがありません。

関西風に、蒸さずに備長炭で焼いてあり、香ばしくておいしいです。
茶漬けにするからか、タレも多く、味が濃い目なのかなと思いました。濃すぎることはありませんが。

ちなみに、スカイツリーには登ったことがありません。彼が必要ないと言い、興味がないからです。一緒にいると影響を受けるもので、私も行く気がなくなってしまいました。。。

店舗情報

店名:ひつまぶし備長
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウンソラマチ6F
電話:03-5619-5757
営業時間:11:00-23:00 (ラストオーダー 22:00)
定休日:無し
禁煙

コメント