「資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ」でストロベリーパフェを食べました

食べ歩き

前から行ってみたかった資生堂パーラーで、パフェを食べました。

今はコロナの影響で街中に人が少ないので、ふだん行列するところに行くのにちょうど良いかなと思っています。

1902年銀座8丁目で創業

「資生堂パーラー銀座本店」は銀座駅から徒歩7分の東京銀座資生堂ビルの3階にあります。

予約はできないので、3階に行き、番号札を取りました。日曜日の13時すぎでしたが、私たちの前に9組待っていました。メールでお知らせしてくれる機能があるので、待っている間にアップルストアや月光荘に行きました。

フロアはそれほど広くありません。店員さんがコートをたたんで椅子に置いてくれます。私のコートは猫の毛だらけなので恥ずかしかったです(^_^;

資生堂パーラーは1902年の創業で、2019年11月にリニューアルしたそうです。赤を基調としたインテリアは非日常感と高級感があります。下の写真は天井の絵。

こだわりの苺フェア

こだわりの苺フェアから、私は「徳島県 佐那河内村(さなごうちそん)産“さくらももいちご”のストロベリーパフェ」(2,000円)にしました。

「佐村河内(さむらごうち)さんを思い出すね」と彼に言いました。

さくらももいちごは徳島県佐那河内村でしか栽培されていない希少な苺で、山々に囲まれた盆地の中でゆっくり時間をかけて育てられています。

プラス600円でドリンクセットにしました。紅茶を飲みました。

フレンチトースト

彼は「銀座で採れた蜂蜜で味わうフレンチトーストセット 自家製アイスクリームとフルーツを添えて」(2,300円)を注文しました。コーヒーまたは紅茶付きで、彼も紅茶にしました。

先週、渋谷西村總本店のメニューを見たので、資生堂パーラーのメニューが安く思えると彼が言っていました。

パフェもフレンチトーストも美味しかったです。

苺づくしの日

周りも苺パフェを食べている人が多く、苺の香りに包まれていました。

私は朝オザワ洋菓子店のイチゴシャンデを食べたし、彼からもあまおうをもらったところだったので、苺づくしの日となりました。

一度行ってみたかったので、行けて良かったです。

低糖質メニューもありますよ。

店舗情報

店名:資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェ
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
電話:03-5537-6231
営業時間:11:00-21:00(日曜日・祝日-20:00)L.O.30分前
定休日:月曜日(祝日は営業)、年末年始
禁煙

コメント