【巣鴨】「八ツ目や にしむら」で鰻重定食を食べました

食べ歩き

昨日の夜は、前に目黒で行ったお店の巣鴨店で、ご飯を食べました。

大正15年創業の老舗

「八ツ目や にしむら」は、JR巣鴨駅から徒歩5分の、巣鴨地蔵通り商店街にあります。
2階と3階に席があります。

前に目黒の「八ツ目や にしむら 目黒店」でヤツメウナギを食べたつもりになっていたのですが、実は違ったことが、あとで分かりました(^_^;

目黒不動尊のうなぎ屋「八ツ目や にしむら 目黒店」で鰻重定食を食べました
目黒不動尊に行きました。お昼は門前でうな...

八つ目ウナギとは?

八つ目うなぎは、アラスカのユーコン川で獲れた天然物です。

体の両側に、目のような穴(エラ)が7つあり、これと本来の目を合わせ、八ツ目うなぎと呼ばれる。

目に良いとされる漢方薬の原料として使用され、アラキドン酸が多く含まれているそうです。

栄養価がとても高く、江戸時代には鳥目・眼病予防、風邪を引いた時に食べていたようです。うなぎと比較しても、ビタミンAで5倍、B2で13倍も含まれています。このことから、薬品やサプリメントの原料としても使われています。

初の八つ目ウナギ

メニューに「八ツ目重定食」、「八ツ目蒲焼定食」(中2800円)がありますが、ヤツメウナギはクセが強いそうなので、まず、「八ツ目短冊」(600円)を試してみることにしました。

コリコリした食感があります。人に寄っては、好き嫌いがありそうです。私は平気でした。彼は一口食べて、満足していました。

うなぎがふっくら

うなぎを食べるのは久しぶりで、「八ツ目や にしむら 目黒店」で食べた時以来です。
ふたりとも、「うな重定食」の上(3,500円)を食べました。

お漬物には醤油がかかっていました。お酒を飲む人は十分おつまみになる量ですね。

90年以上受け継がれるタレを使い、備長炭で焼いてあるうなぎは身がふっくらとしていて、美味しかったです♪

図らずも、平成最後のうなぎとなりました。ごちそうさまでしたm(_ _)m

店舗情報

店名: 八ツ目や うなぎ にしむら
住所:東京都豊島区巣鴨3-34-2
電話:03-3910-1071
営業時間:10:30-19:00
定休日:営業日カレンダーによる
禁煙

コメント