浅草「並木藪蕎麦」でざるそばを食べました

日曜日は誕生日のディナーを食べる予定だったので、お昼は軽めに食べました。
浅草に用事があったので、「並木藪蕎麦」へ行きました。

1913年創業の老舗

浅草の「並木藪蕎麦」の創業は、1913(大正2)年だそうです。

並木藪蕎麦

お店は地下鉄浅草駅から徒歩3分の場所にあります。浅草寺からも近いです。

浅草寺

着いたのは12時20分頃でしたが、お店の前には数人並んでいました。
彼と私は15分くらい待って入店しました。テーブルで相席となりました。向かいの人が食べている鴨南蛮が気になりつつも、ふたりで「ざるそば」(750円)をいただきました。

量は少なめ

名前は「せいろそば」ではなく「ざるそば」で、裏返した竹のざるに盛られて出てきます。

ざるそば

湯島の「池之端藪蕎麦」と同じでした。しかも、私は去年の誕生日に食べていました( ゚∀゚ )

池之端藪蕎麦

量は少なく、美味しくてペロッと食べちゃいました(*´ڡ`●)

東京一辛いそばつゆ

藪蕎麦の特徴は、醤油の味がつよい、塩からいそばつゆである。そのため必然的に「つゆをちょっとだけつけて食べる」という江戸風の蕎麦の食べ方となった。

藪 (蕎麦屋) – Wikipediaより

とあるように、つゆは甘くて、辛いです。少しつけて、すするんでしょうね♪

そば湯は急須に入って出てきました。そば湯もおいしかったです。

蕎麦湯

美味しんぼにも登場

並木藪蕎麦は、グルメ漫画「美味しんぼ」の第2巻「そばツユの深味」に登場するそうです。彼は美味しんぼを愛読していて、グルメ情報はたいてい美味しんぼの情報を元に語る人なのですが、今回は何も言いませんでした。珍しい。。。

藪蕎麦御三家

神田淡路町の「かんだやぶそば」、浅草の「並木藪蕎麦」、湯島にある「池之端藪蕎麦」が「藪蕎麦御三家」とされているそうです。

私は、かんだやぶそばも、池之端藪蕎麦も行ったことがあります。
かんだやぶそばは火災から再建されてからはまだ行っていません。

先月、前を通ったら入りやすい雰囲気になっていました。

かんだやぶそば

こちらは、女将さんが「ありがとう存じます」と言うのと、お釣りのお札がピン札だったのが印象に残っています。

かんだやぶそば

>>>次の記事で、「かんだやぶそば」に行ったことを書きました。

感想

老舗のお蕎麦屋さんは、接客も感じ良く、味もおいしかったので、また利用したいです。

店舗情報

店名:並木藪蕎麦
住所:東京都台東区雷門2丁目11-9
電話:03-3841-1340
営業時間:11:00~19:30
定休日:木曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)