【尾山台】念願の「オーボンヴュータン」へ行って来ました

食べ歩き

ロードバイクで等々力渓谷に行ったあと、隣駅の尾山台にある有名な「オーボンヴュータン」に行きました。

【サイクリング】ロードバイクで等々力渓谷まで行ってきました
彼とふたり、ロードバイクで等々力渓谷まで...

何年も前からずっと行ってみたかったんですけど、なかなか近くまで行くことがなく、やっと行くことができました。

「オーボンヴュータン」は日本橋高島屋にも売り場があるのですが、尾山台の本店で食べようと思っていて、高島屋で買ったことがありませんでした。

本格フランス菓子の名店

「オーボンヴュータン」は、東急大井町線・尾山台駅から徒歩7分の場所にあります。
パリのケーキ屋さんのような赤くてオシャレな建物です。

オーナーシェフの河田勝彦さんは9年間フランスで製菓を学び、1981年にこちらの店を開いたそうです。

店内に入ると天井にはシャンデリアがあり、焼き菓子やパン、ケーキ、デリまでショーケースにずらーっと並んでいました。

パリだとパン屋さんがケーキも売っていることがよくあります。対面販売なので、「クロワッサンをひとつください」とか言う必要があり、会話の勉強になりました。

店内で食べる場合も、まず注文してからとなります。カウンター席で立ち食いであればすぐでしたが、座りたかったので、5分くらい待ちました。

おいしいケーキ

私たちが頼んだのは、「オペラ」(380円)と「ムース グラッセ フランボワーズ」(800円)、

「タルト・ダムール」(450円)です。

そのうち「オペラ」と「タルト・ダムール」を私が選びました。

見た目もキレイな「タルト・ダムール」は、木苺とピスタチオのクリームに、リンゴとアンズのカラメリゼが中に入っています。底はタルト生地です。

ピスタチオの香ばしさと、リンゴとアンズのしっかりした濃い味が、よく合いました。
最初はこれひとつだけ頼んだんですけど、彼が足りないだろうと、注文しました。女性客でケーキをふたつ食べている人もいましたよ。

「オペラ」はアーモンド生地にコーヒー風味のガナッシュが使われています。文句なしに美味しかったです。頼んで良かったです。

「ムース グラッセ フランボワーズ」は、アイスケーキで、バニラアイスにフランボワーズのムースグラッセが入っています。

彼はアイスが好きだし、女子力が高いので、フランボワーズも好きなんです。

ドリンクと感想

ドリンクはカシスシロップのペリエ割りの「ディアボロ カシス」(550円)を飲みました。

冷たい飲み物ってめったに飲まないんですけど、カシスが好きだし、気になったもので。美味しかったです。

彼はコーヒー(500円)を飲みました。

いやぁ、一度行ってみたかったので、行くことができて良かったです。

行く前、彼は「混んでるんじゃないの?」とまったく乗り気じゃありませんでしたが、ケーキのおいしさに納得したのか、オレンジケーキをお土産に買って帰りました。

店舗情報

店名:AU BON VIEUX TEMPS(オーボンヴュータン)
住所:東京都世田谷区等々力2-1-3
電話:03-3703-8428
営業時間:9:00-18:00
定休日:火曜日・水曜日
禁煙

コメント