「黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ」を読みました

前に読んだ「SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる」に、ごま油を使うアーユルヴェーダのマッサージが紹介されていました。

服部みれいさんの本「SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる」を読みました
私が冷えとり健康法を始めるきっかけとなった服部みれいさんは、マーマーマガジンという雑誌の編集長で、文筆家で詩人でバンドもやっているそうです。...

オイルマッサージは気持ちよさそうだし、しかも、自分で出来るというのは良いなぁと思い、「黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌」を読みました。

1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌

「黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌」には、オイルマッサージの方法やセルフチェック表、蓮村誠さんと桐島ノエルさんの対談などが載っています。

黄金のアーユルヴェーダセルフマッサージ

オイルマッサージの効果

マッサージに使用する太白ごま油には抗酸化作用があり、肌のくすみや目の下のクマを解消するなど、老化防止効果があるそうです。
また、免疫力を高める効果があり、体力もアップするそうです。

オイルマッサージ効果

マッサージオイルの作り方

太白ごま油を100℃に温めて保存します。マッサージをするときは湯煎して温めてから使います。
全身のマッサージ1回分は大さじ2杯くらいが目安だそうです。

オイルマッサージのやり方

オイルマッサージは、静かで温かな場所で、できるだけ朝、行うことがオススメされています。

順番は、頭→顔→上半身→下半身→足となっています。それぞれ、写真でやり方が載っています。
頭のマッサージは眼精疲労も治るし、気持ちよいですよね♪

ヘッドマッサージ

太白ごま油とは?

マッサージで使う「太白ごま油」は、炒っていない生のごまから作られたものなので、透明でさらっとしていて、においはないそうです。

100℃まで温めることで、ゴマが本来持っている熱の質が高まり、ごま油でマッサージをすると、この熱の質を体内に取り込むため、体が温まるのだそうです。

オイルマッサージ後のケア

マッサージをした後は静かに10~15分ほど休息し、シャワーor入浴を行い、肌に浮き出たアーマを洗い流します。

オイルマッサージ後のケア

感想

マッサージは気持ちが良いので、私もやりたいです。
ごま油を使うことで、アンチエイジングになるし、肌もしっとり潤うと思います(^v^)

服部みれいさんのように、マッサージをしてから半身浴をするようにしたいなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)