バセドウ病が再発しましたが、自然療法で治します

健康

3週間ほど体調が悪く、彼に病院に行くように言われました。
彼は私の病院嫌いを知っていますが、「指針になるから」と言われました。

体がだるく、じっとしていても心臓がドキドキし、気分が悪かったんです。

診察で甲状腺が腫れていると言われ、血液検査の結果、バセドウ病と言われました。

5年前に罹患

5年前にバセドウ病になったときは、薬を1年半ほど飲み、数値が正常になってきたところで、勝手にやめました。

原因療法の須崎動物病院の院長の講座を受け、薬を飲んでいてもしかたないなと思ったからです。

手作り食やペットのホリスティックケアを学べる「ペットアカデミー」
一昨年の夏まで、くまを診てもらうために、須崎動物病院でフォトチェックを毎月受けていました。痒くてなめていたんですよね。 でも、今はサプリメントや季節のブレンド臨界水を買うだけで、フォトチェックを受けていません。順調に良くなっています。 くまが良くなったのは、私がペットアカデミーで学んだのも大きいと思っています。

西洋医学では、原因は分からないですよね?甲状腺が腫れているから薬を飲んで抑えても、対処療法に過ぎないと思います。

私はその頃気持ちが落ち込んでいて、ダラダラした昼夜逆転の生活をし、食べ物もスーパーの惣菜などでした。
バセドウ病になった原因は、これらだと思い、食事に気をつけるようにしました。

その後、健康診断のたびに血液検査の結果をチェックし、甲状腺の腫れも見てもらっていましたが、正常でした。

8月末に受けた健康診断でも、甲状腺は腫れていなかったのですが、初めて、脂肪がBでした。

過食と運動不足

ここ数ヶ月、よく食べていました。ひとりの食事なのに2人前で作り、食べていました。
心の隙間を埋めるように、口に食べ物を詰め込んでいました。満足感が得られないので、量をとにかく食べていました。

体を動かすことも、していませんでした。

口内炎になったり、肩こりがひどくなったり、体が教えてくれていたのに、対策もしていませんでした。

少し動くと息が上がるようになり、じっとしていても動悸がして、膨満感と吐き気がありました。

バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるので、新陳代謝が盛んになり、動悸やだるさなどがあります。

薬はやめました

病院はまず内科のクリニックを受診し、紹介状を持って大学病院に行きました。
すごい患者数で、待ち時間も長いし、診察も人を診るよりデータを見ている感じでした。

紹介状には入院をさせるようにと書いてあったらしく、びっくりしました。入院はできないというと、仕事を1週間休むよう言われました。

通常、バセドウ病だとメルカゾールという薬を飲んで、2週間おきに通院します。薬は血液検査の結果を見ながら、量を減らしつつ数年間飲み続けることになります。

私はなるべく不愉快な思いをしたくないので、病院に行くのも嫌だと思いました。
動物病院もそうなんですけど、病院に行くと余計に病気になりそうです。製薬会社のCMを見せられて、お金のにおいがプンプンします。

病院はキライですが、バセドウ病だとわかったのは、良かったです。彼の言うように、指針になります。
再発はショックでしたが、私は甲状腺に症状が出やすい体質なのだろうと思います。

薬を一日半飲みましたが、飲まないことに決めました。

玄米菜食に

東城百合子さんの「家庭でできる自然療法」を参考に、玄米菜食にして、よく噛んで食べるようにしただけで、体調が良くなりました。
じっとしていても心臓がドキドキしていたのが治まったので、自分でもびっくりしました。

冷えとりをして、飼い猫を原因療法でケアしている私にとっては、自然療法で治すのが自然です。

食生活が乱れていたことが原因だと思うので、とにかく反省しています。
気持ちの持ち方も良くなかったと思います。

仕事は土日を含めて4日間休みましたが、じっとしていたのは最初の2日だけで、あとは体を動かしていました。ちょっと出かけたり、自転車に乗ったりもしました。

「家庭でできる自然療法」にも、規則正しい生活をするように書いてあるし、病気でも働いて治した体験談も載っています。

体には悪いことをしてしまったけど、良い経験になりました。今はとても元気です。
どうやら私は、一度痛い目に合わないと分からないみたいです(・・;)

コメント