花粉や乾燥から肌荒れを防ぐエトヴォス(etvos)の「モイストバリアクリーム」

冬は空気が乾燥するし、季節の変わり目は目がかゆくなったり、肌がかさついて痒くなったりします。

職場はエアコンで乾燥しているので、肌が乾燥しないように、アロマディフューザーを加湿器代わりに使っています

cp_110902_img13

ここ数年、花粉症は軽くなってきていますが、まだまだ目や鼻に症状が出ます。
冷えとり健康法をやっていると花粉症が治るらしいのですが、まだまだなんだろうと思います(・_・;)

mask

季節の変わり目にぴったりの保護クリーム

今の時期にぴったりの保護クリームが、エトヴォス(etvos)から先月発売されていました。

エトヴォスとは?

エトヴォスは、国産で美容皮膚科でも採用されているミネラルファンデーションを販売している化粧品メーカーです。
私もミネラルファンデーションを使っています

「モイストバリアクリーム」は、乾燥や季節の変わり目で肌トラブルが増える今の時期にぴったりの、肌荒れを防ぐ保護クリームです。容量は30gで3,500円(+税)となっています。


モイストバリアクリームの特徴

  • うるおいベールでトラブル知らずの肌に
  • 肌のうるおいを守る7種のモイストバリア成分を贅沢に配合。
    スキンケアの最後に使用することで、空気中の花粉やPM2.5、ハウスダスト、乾燥などから肌を保護します。

    img_01

  • バリア機能を整える&保湿成分をたっぷり配合
  • 保湿成分のヒト型セラミド4種類を贅沢に配合し、お肌のバリア機能をサポート。
    ヒアルロン酸Naやシアバターなども入っているので、乾燥を防ぎながら内側からうるおいあふれる肌へ導きます。

  • 外的要因による肌荒れを防ぎ、すこやかな肌へ
  • クロフサスグリ種子油、フウセンカズラ花など肌荒れを防ぐ成分を配合し、バリアスキンで肌を保護しながらすこやかな状態へ導きます。

  • 肌に優しい低刺激
  • 6つの不使用(シリコン、石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料)でお肌にやさしい低刺激処方。

モイストバリアクリームの使い方

「モイストバリアクリーム」は、スキンケアの最後に使います。
美容液やクリームでお肌を整えた後、パール粒大を手に取り、乾燥が気になる部分を中心に、顔全体に塗ります。

肌にベールがかかるように、保護してくれるクリームで、敏感肌やゆらぎ肌でも安心して使えるのは良いですね♪
ぜひ、使ってみたいです。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)