近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」で洋服を片付けました

台所の片付けは本多さおりさんの本を参考にしましたが、クロゼットの片付けに役立ったのが、近藤麻理恵さん(通称こんまりさん)の本です。

全米でもベストセラーになっていて、こんまりさんは、村上春樹さんと共に、今年のTIME誌の”世界で最も影響力のある100人”に選ばれていましたよね。

人生がときめく片づけの魔法

私がこんまりさんを知ったのは、テレビ番組でした。モノを整理するときの判断基準は「ときめくかどうか」と、ときめきという概念を収納に持ち込んだところが新しいなと思いました。
洋服のたたみ方も、四角く小さくなって、自立するところがすごいと思いました。

ちょうど洋服を片付けたかったので、2年前にやってみました。
まず、手持ちの洋服を全部引っ張りだして、処分するものと残すものに仕分けして行きました。大きなビニール袋に何袋か捨てるものが貯まりました。捨てるときには、モノに「ありがとう」を言ってから捨てるをやりました。

次に洋服をたたんでいきます。洋服のたたみ方は覚えるまで練習しました。慣れないうちは時間がかかりますが、一枚一枚たたむことで、洋服に対する愛着もわくし、自分が持っているアイテムを再確認することもできるんだなと思いました。それまでは、こんな服持ってたんだって思うことがたまにあったので(^^ゞ
たたんだ洋服は、立てて引き出しの中に並べて行きました。

人生がときめく片づけの魔法2

並べ方は薄い色を手前に、濃い色が奥です。ブラジャー(こんまりさんはおブラ様とVIP待遇しています)のみは逆です。色で並べるのは、戻すときも簡単なのがいいです。

洋服を右上がりにかけていくこともやっています。

洋服を右肩上がりにかける

クロゼットの中に好きなモノを集めたスペースを作るというのも実践しています。私はプロ野球のカープグッズを飾っています。いつでもカープの試合に行ける用意はできています。

カープグッズを飾っています

あと、浴室には何も置かないというのも真似しました。掃除道具だけはタオルバーにかけてありますが、それ以外のシャンプー類は100円ショップのかごにいれて、入浴時に持ち込んでいます。

このときに一度、家中の大きな片付けをしたので、それ以降はキレイに片付いた状態をキープできています。
ただ、洋服はもっと数を減らせるはずなので、定期的に見直したいと思います(^_^;)

部屋が片づいたのはこの本のおかげです。

2には、洋服のたたみ方が詳しく載っていて、参考になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)