フロアポンプのヘッドを「HIRAME」の縦カムに交換してもらいました

ビアンキのクロスバイクに乗っています。自転車の空気入れって、ママチャリに乗っていた頃から苦手です。

そのまま空気が入れられる

ロードバイクに乗っている彼からは、毎回、乗る前に空気を入れたほうが良く、乗らなくても最低週1回は入れた方がいいと言われています。低い空気圧だとパンクしやすくなるし、乗っていなくても空気は抜けるそうなので、抜けてから入れるのでは無いそうです。

ある朝、空気を入れようとして、逆に空気が全部抜けてしまいました。
金属製の芯(コア軸)の先が曲がってしまいました。

曲がった先端

このままだと空気が入れられないので、ペンチでまっすぐにしました。(後で彼に聞いたら、正しい処置だったそうです。)

しかも、ビアンキのフロアポンプの先端が固くて、指をはさんでしまいました。(右利きなのに、なぜ左?ということは聞かないでください。。。)

腫れた親指

ヒラメの縦カムに交換

彼に伝えると、ビアンキのフロアポンプの先端が固いのには気づいていて、「フロアポンプの先端を交換することも出来るよ」と言われ、交換をお願いしました。

こちらの本「ロードバイクの修理と整備」の、

ロードバイクの修理と整備

こちらのページを参考にして、

参考ページ

「KUWAHARA」という自転車部品メーカーの「HIRAME」というポンプヘッドに交換してくれました。

KUWAHARA ヒラメ 縦カム

使用した材料はこれらです。

使用

交換前と後

交換前のヘッドはこちらで、
交換前

交換後は、こうなりました。
交換後

以前より、ラクに空気が入れられるようになりました。彼に感謝です(*´∀`)/

ヒラメで空気入れ

▼非常に評価が高い商品のようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)