パスタを余熱で茹でています〜「伊東家の食卓」の裏技〜

レシピ

ずいぶん前に見たテレビ番組「伊東家の食卓」で知って以来、ずっとパスタを余熱で茹でています。

火を止めてフタをして待つだけ

作り方はとても簡単で、鍋に水を入れ、沸騰したらパスタを投入し、1分間茹で、火を止めてフタをしてパスタの袋に書いてある時間まで放置するだけです。

①塩を適量、鍋に入れてぐつぐつお湯を沸かす。沸いたら、パスタを投入。
②そのまま1分間強火でぐつぐつ茹でる。
③1分経ったら、火を止めて。蓋を閉めてパスタの袋に書いてある湯で時間まで待つ。

伊東家の食卓流!誰でも簡単にパスタを「アルデンテ」に茹でる方法!より

タイマーは予めセット

うちでは猫のケアに使うために、あらかじめ1分と5分にセットしたタイマーをキッチンカウンターに並べて置いています。

タイマーは安いものだし、よく使う時間はあらかじめ設定しておくとその都度セットしなくて済むのでラクです。パスタのときは5分のタイマーを使っています。

ステンレスの両手鍋

パスタを茹でるときは、ステンレスの両手鍋を使っています。ずいぶん前に家にあるのをもらってきました。パスタは半分に折って入れています。

引っ越すときに鍋を減らし、十得鍋とフライパン、この鍋を使っています。

十得鍋は無水調理ができるし保温効果が高いのですが、水が沸騰するまでに時間がかかるし、カレーなどの長時間保存には向いていません。
麺類を茹でるときや、カレーをたくさん作るときは、この鍋を使っています。

放置できてラク

麺を茹でるときに、鍋にずっとついていなくていいのはラクです。

最初にしっかり混ぜないと、麺がくっついて固まるので注意が必要です。
固まって束になったパスタやそうめんってまずいですよね。。。何度か経験がありますが(^_^;)

ディ・チェコ

お気に入りのパスタは、「ディ・チェコ」です。オーガニックのパスタも食べますが、このパスタは味が美味しいし、手に入りやすく、近所のスーパーで買えるのも良いです。

太さによって数種類あるのですが、茹で時間が短い「No.10フェデリーニ」が気に入っています。 太さが1.4mm、ゆで時間が6分(アルデンテは4分)です。

お腹が空いて、すぐ食べたいときも5分なら待てるので。

よく作るのは納豆スパゲティやたらこスパゲティです。どちらも簡単ですが、素材が良いからかとてもおいしいです(^。^)

今日は珍しく市販のソースでカルボナーラを作りました。

パスタ以外の麺類も、この方法で茹でています♪

コメント