布ナプキンの洗濯用に「アルカリウォッシュ」(セスキ炭酸ソーダ)を買いました

私は布ナプキン(nunonaの布ナプキン布ナプキン・スナフ3枚セット)を使っていますが、つけ置きするときは重曹を使っています。

布ナプキンの洗濯用に、服部みれいさんの本でオススメされていた「アルカリウォッシュ」を買ってみました。

服部みれいさんの本「SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる」を読みました
私が冷えとり健康法を始めるきっかけとなった服部みれいさんは、マーマーマガジンという雑誌の編集長で、文筆家で詩人でバンドもやっているそうです。...

Amazonで購入

Amazonで1kg入りの「アルカリウォッシュ」(527円)を買いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤星たみこさんの漫画が描かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドラえもん仕様の箱

映画公開を記念したドラえもん仕様の箱で届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱のウラはこんな感じ。捨てるのがちょっともったいなかったです(^_^;)

2016-03-21 10.02.57

アルカリウォッシュ=セスキ炭酸ソーダ

「アルカリウォッシュ」は地の塩社の商品名で、成分は「セスキ炭酸ソーダ」です。

セスキ炭酸ソーダと重曹の違い

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸塩の中間の物質で、pH9.8の弱アルカリ性です。
重曹は、セスキ炭酸ソーダよりも弱いpH8.2の弱アルカリ性です。

セスキ炭酸ソーダには、重曹には無い炭酸塩の性質が加わっている。
セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ性が10倍ほど強い=汚れ落とし効果が強い。

3/4 大掃除!!セスキ炭酸ソーダ使いこなし術【基礎編】より

たんぱく質の分解や血液の汚れ落ちには、重曹よりセスキ炭酸ソーダの方が向いているそうです。

いろんな使い方

布ナプキンの洗濯以外にも、襟や袖口の汚れ落としやガスコンロの油汚れ、手垢やほこりの黒い汚れ、電子レンジ内の掃除、お風呂掃除などいろいろ使えます。

81y8E1X7qWL._SL1500_

水に溶けやすいので、スプレー容器にセスキ炭酸ソーダを溶かした液を作っておくと、使いやすいようです。

>>>次の記事で、セスキスプレーを作ったことを書きました。

819R1kH8uUL._SL1500_

セスキ炭酸ソーダは市販の入浴剤の配合成分としてよく使われているそうで、入浴剤として使うとお湯が柔らかくなるそうです。

感想

セスキ炭酸ソーダは無機物なので、有機物である界面活性剤よりも環境に負担がかからないのも良いと思います。せっかく買ったので、いろいろ使ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)