大泉学園の「手打そば むら季」でせいろを食べました

大泉学園の「甘味処 華樓」へかき氷を食べに行く前に、軽くお昼を食べました。

神田まつやで修行された店主のお店

「むら季」は、そばの名店「神田まつや」で12年修行された方のお店です。

むら季

彼が蕎麦好きなので、有名なお店には食べに行っています。「神田まつや」にも行ったことがありますが、かなり前なので、おいしかったことしか覚えていません(^_^;) また食べに行きたいです。

「むら季」は、西武池袋線の大泉学園駅南口から徒歩8分ほどの場所にあります。

手打ちそば むら季

まつやと同じ外2そば

私は「せいろ」(750円)を、彼は「野菜天せいろ」(1,300円)を注文しました。
むら季の手打ちそばは、「神田まつや」と同じ外2(そば10:小麦粉2)そばとなっています。

せいろ

そばは太めで、田舎風のしっかりした味です。

野菜天せいろ

かつお節や宗田鰹節からダシを取ったつゆはバランスがよく、濃いめでやや辛口です。

つゆ

天ぷらも衣がサクサクしていておいしかったです。
お塩でいただくトウモロコシが甘かったです♪

天ぷら

牧野記念庭園を散策

この後、腹ごなしに牧野記念庭園へ行きました。植物学の父・牧野富太郎博士が住んでいたところです。

牧野記念庭園

お庭の木々や植物も見事でした。無料なのも素晴らしいです。

牧野博士書斎

大泉学園を堪能

私が住む所沢から近いのに、大泉学園のグルメのことを知らなかったなぁと思います。
手打ちそばも甘味処もおいしかったし、牧野記念庭園も良い所でした。
また遊びに行こうと思います(^o^)/

店舗情報

店名:手打そば むら季
住所:東京都練馬区東大泉7-37-11
電話:03-3923-4722
営業時間:平日11:30-15:00、17:00-21:30、土日祝日11:00-20:30
定休日:木曜日
禁煙

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)