素朴な武蔵野うどんが美味しい「きくや本店」

月曜日の体育の日は、クロスバイクを買って初めてのサイクリングに出かけました。
私の彼がロードバイクで先導し、後ろから着いて行きました。
お天気も良く、自転車で疾走するのは気持ちよかったです。

武蔵野うどんの老舗

サイクリングの途中で、武蔵野うどんを食べました。
東村山市にある「きくや」は、古くからある有名なお店です。きくやの息子さんがやっている「涼太郎」というお店が近所にあり、何度も食べていて、本店の「きくや」にも行ってみたいなと前から思っていました。

西武多摩湖線武蔵大和駅から徒歩8分の場所にあります。多摩湖自転車道のすぐ近くです。自転車に乗っている人たちが他にも食べに来ていました。

サイクリングロード

手打ちうどん きくや

11時半頃に着いて、5分ほど待って入りました。二階からは、うどんを打っている音がしました。

きくや

独特なサイズ表記

武蔵野うどんは、埼玉に住み始めて初めて知りました。最初は注文の仕方もわかりませんでしたが、今は慣れっこになりました。
LL(エルエル)、3L(スリー)、4L(フォー)と言うふうに、うどんの量が書いてあります。LLで汁椀小盛で4玉、3Lで5玉、4Lで6玉だそうです。

かき揚げの天ぷらのあるなしと、肉汁の肉のあるなしも選べます。肉汁は、少し甘めの醤油味のつけ汁に、豚バラ肉が数枚浮かんでいます。

私は天付き肉汁のL600円、彼はLL650円を注文しました。茹で置きだったのか、すぐに出てきました。
地粉の茶色がかった麺も、武蔵野うどんの特徴です。コシがあります。

天付き肉汁L

今回は自転車を漕ぐので、控えめにLにしました。お腹がすいていたらLLを食べることもあります。
涼太郎だと、肉汁とカレー汁が付くダブルというメニューがあり、カレーが好きな私はいつもダブルを注文(天ぷらは無しで)しています♪

涼太郎と比べると、麺が細いと思いました。天ぷらは冷たくて硬いので、肉汁につけて食べました。竹の器を使っているのは、どちらも同じでした。

自転車ときくや

私達が12時前に出る頃には混み具合が落ち着いていたので、回転が早いようです。

おいしかったし、自転車でまた行きたいお店です(*^_^*)

店舗情報

店名:きくや
住所:東京都東村山市廻田町2-12-13
電話:042-394-9141
営業時間:11:00~売切り終了

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)