「上野藪そば」でせいろうを食べました

今日は上野公園にある東京国立博物館に行きました。
行く前にお昼を食べたのは、「上野藪そば」です。
JR上野駅からアメ横へ向かう途中にあります。

上野藪そば

老舗そば店

「上野藪そば」の創業は明治25年だそうです。

上野藪そばの創業は1892(明治25)年です。火事で焼失し、復活が話題となった「かんだやぶそば(当時は連雀町藪蕎麦)」からの暖簾(のれん)分けが、同店の始まりです。

上野藪そば(そば/上野/創業1892年)より

私の彼が蕎麦好きなので、かんだやぶそばは、火事になる前に何度か行っています。

細目の蕎麦

彼はいつもせいろを頼んでいますが、私はここ数年で、せいろの美味しさに目覚めました。
玉子厚焼(752円)とせいろう(714円)を注文しました。

上野藪そばの厚焼き玉子

細いそばに辛いつゆがよく合って、美味しかったです(*´∀`*)

上野藪そばのせいろう

北海道産のそば粉が使われているそうです。そばもキレイです。

上野藪そばのせいろう

蕎麦湯が入っていたのは、よく見かける木製の容器ではなく、金属製の急須でした。
そば湯はドロドロしたものではなく、サラっとしていました。

蕎麦湯

粗品の七味をもらいました。

粗品の七味

初めて行きましたが、老舗のお蕎麦屋さんだけあって、とてもおいしかったです。また利用したいです♪

店舗情報

店名:上野藪そば
住所:東京都台東区上野6丁目9-16
電話:03-3831-4728
営業時間:11:30~20:30
定休日:水曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)