うなぎの街・浦和の老舗「萬店(まんだな)」で鰻重を食べました

10/10の体育の日は、彼とふたりでサイクリングをしました。
彼が自分のロードバイクを車に積んでうちまでやって来て、所沢を10:30に出発しました。

彼のロードバイク

お昼は、浦和にある鰻屋さんと決めていました。私の場合、何か目的がないと、走れないもので(^_^;)
途中で迷ったらしく(方向音痴の私は彼にナビを任せてます)、12:00過ぎにお店に到着しました。

明治19年創業の老舗

「萬店(まんだな)」は、明治19年(1886年)創業の老舗の鰻屋さんです。
中浦和駅の近くにあります。

萬店

自転車はお店の脇に停めさせてもらいました。

自転車

お店の前にいたワンちゃんが可愛かったですU^ェ^U

かわいいワンちゃん

橋の上のワンちゃん。紐が長いので、行ったり来たりしてました。

橋の上のワンちゃん

竹重と肝吸い

鰻重の竹(3,400円)をいただきました。

竹重

喜びが隠せない彼氏(家族揃ってうなぎ好き)。

喜びが隠せない彼氏

お吸い物は、+100円で肝吸いにしました。

肝吸い

松竹梅の違いは、うなぎの重さだそうです。
香ばしく焼いてあって、ご飯にしみたタレの味もおいしかったです♪

うな重

浦和うなこちゃん

浦和というのは、蒲焼きの発祥地と言われているそうです。

江戸時代、浦和近郊は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わっていました。その行楽の人々に沼地でとれたうなぎを出したのが始まりで、味の良いことが評判になり、中山道を行き来する人たちがわざわざ足を運んだということです。

浦和のうなぎより

浦和のうなぎをPRするために誕生したマスコット「浦和うなこちゃん」が飾られていました。
生みの親は、アンパンマンの故やなせたかしさんだそうです。

浦和うなこちゃん

浦和まで迷わなければ1時間で着くようなので、けっこう近いです。
お店はレストランっぽく、いたって普通なのですが、うなぎはとても美味しかったです♪

店舗情報

店名:萬店
住所:埼玉県さいたま市南区鹿手袋1-2-26
電話:048-862-5648
営業時間:11:00-22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)