レンティオで借りた床拭きロボット「ブラーバジェット240」のドライモードを試しました【レビュー】

iRobotのロボット掃除機「ブラーバジェット240」をレンタル中です。

3種類のモードをパッドで判断

「ブラーバジェット240」には、ウェットモップモード、ダンプスウィープモード、ドライスウィープモードの3種類のお掃除モードがあります。

ウェットモップモードは同じ場所を3回念入りに拭きます。ダンプスウィープモードは2度拭き、ドライスウィープモードはから拭きです。

使い捨てパッド

レンティオで借りた「ブラーバジェット」には、使い捨てのパッドが3種類×1枚ずつ付いています。
ドライスウィープパッドが白、ウェットモップパッドが青、ダンプスウィープパッドがオレンジです。

何回も洗って使える洗濯可能なパッドもありますが、レンティオで借りた「ブラーバジェット」には付いていませんでした。


ドライスウィープモード開始

本体にパッドを取り付けます。左右どちらからでも良いのですが、スライドさせてカチッとはめ込みます。

ドライスウィープパッドを本体に取り付けたところ。うちの猫がにおっていました。

ブラーバにはボタンが2つ(ドライモードとウェットモード)ありましたが、ブラーバジェットは1つだけです。取り付けるパッドで判断してくれます。

動作音は静か

真っ直ぐ進みながら、床を拭きます。動く音は静かですが、家具や壁に当たる音がうるさく感じます。

ブラーバよりも本体の高さがあるので、棚の下は入れないと思っていましたが、入っていました。
ちゃんと段差を認識するようで、玄関で落ちることはありません。

家具や壁際は、こまめに動いて丁寧に掃除してくれます。

うちの猫はブラーバが気になるようで、追いかけていました。

6畳の部屋を30分で掃除していました。

掃除が終わると自動で開始地点に戻るらしいのですが、少し離れた場所に停止していました。
音も鳴るのですが、説明書に記載がないので何の合図なのか分かりません。

準備が簡単

ブラーバはノースキューブが必要でしたが、ブラーバジェットは単体で動くので準備が簡単です。ブラーバも狭い場所ならノースキューブなしで動くそうですが。

けっこう汚れが取れました。使い終わったパッドは、ハンドルの下のボタンを押すことで、手を汚さずに捨てることができます。

ウェットモードも試してみます。感想はまた書きますね。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)