無印良品の「不織布仕切ケース」で靴下を取り出しやすくしました

無印良品週間でアクリル仕切りスタンドを買いましたが、不織布の仕切ケースも買いました。

「不織布仕切ケース」のことは、整理収納コンサルタントの本多さおりさんの本「家事がしやすい部屋づくり」で知りました。

画像は「家事がしやすい部屋づくり」より

本多さんは無印良品でアルバイトしていたこともあり、無印良品ファンで、本も出版されています。

「家事がしやすい部屋づくり」と「もっと知りたい無印良品の収納」は、どちらもKindleで読みました。

私も無印良品は好きで、高校生の頃から利用しています。

高さが変えられる

無印良品の「高さが変えられる不織布仕切ケース」は2枚入りで、大、中、小とあります。
奥行32.5cm×高さ21cmのケースで、大22.5cm、中15cm、小11cmと、幅が違います。

折り曲げることで、高さが変えられるようになっています。

私は靴下の収納などに使いたいので、小を2つと中を1つ買いました。

写真上が中、下が小です。しわを伸ばすにはアイロンをかけると良いそうですが、とりあえずそのまま使います。

冷えとり靴下の収納

やってみたかったのが、靴下の仕分けです。
夜寝るときに履く靴下は19枚で、絹と綿を9枚ずつ交互に履きます。絹と綿でケースを分けたかったんです。

私は冷えとり靴下を重ね履きしています。日中用と就寝用の靴下を分けていて、就寝用は1セットのみです。
朝脱いだ時に、絹と綿を分けてケースに入れておくと、夜履く時にラクなんです。

19枚目には、ピンク色のウールのカバーソックスを履いています

部屋着を入れるかごにぴったり収まりました♪

他にも使えそう

仕切りケースって便利ですね♪
白いのも良いです。

クロゼットの収納ケースの引き出しにも入れて使おうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)