ダンスコのサボ「INGRID」を買いました【冷えとり靴】

来週は誕生日なので、彼からプレゼントで、ダンスコのサボを買ってもらいました。
日本国内向けのダンスコ商品がすべて揃っている直営店「dansko en…」へ買いに行きました。

dansko en...

ダンスコとは?

ダンスコ(Dansko)は、デンマークの靴と言う意味です。
1990年にアメリカ・ペンシルバニア州で生まれたブランドで、機能性とデザイン性の両方に優れた、履きやすく足や腰への負担を取り除いた靴をつくっています。

ダンスコの箱

靴の中で足の指がきついということがないため、長時間履いていても足に負担がかかりにくいのが特徴です。

イングリッドを購入

「INGRID」(22,000円+税)という、かかとのないサボタイプの靴にしました。
素材と色が選べますが、私は黒の「Black Box」にしました。

INGRIDストラップ後ろ

ダンスコのサボは、本多さおりさんも愛用しているそうです。

モノは好き、でも身軽に生きたい。

冷えとり靴としても人気

冷えとり靴としても人気で、服部みれいさんも履いているそうです。「ずぼらな青木さんの冷えとり大人のふだん着」にも、ダンスコの白いサボが載っていました。

いつも靴下を8~9枚履いているので、サイズは40(25~25.5cm)にしました。
箱の中にはカタログなどが入っていました。歩き方を間違えると、腰を痛めるとお店の方に言われました。

>>>次の記事で、歩き方を教わったことを書きました。

カタログなど

厚めのソール(ヒール高は約5cm)には安定感があり、歩きやすいのが特徴です。

ダンスコのかかと

ビルケンシュトックの「フィラデルフィア」と同じように、ストラップは前にも後ろにも倒すことができます。

INGRIDストラップ後ろ

甲の部分でしっかり固定するように、お店の方が調整してくださいました。

調整

冷えとり靴としては、「PROFESSIONAL」も人気だそうです。彼も試着して、欲しくなったと言っていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)