夏にそうめんを食べるのは理にかなっていると知りました

夏の主食はそうめんです。母が毎年夏に箱入りのそうめんを送ってくれるので、ありがたく食べています。

夏はそうめん

食欲が落ちる夏には、のどごしが良いそうめんは食べやすいし、ゆで時間も短いので調理もラクで良いです(*^_^*)

アレンジそうめん

めんつゆは手作りで、有機醤油とみりんとあごだしを煮立てて作っています。

弓削多醤油の「有機しょうゆ」とみりん風調味料「味の母」
和食を作るなら、醤油は欠かせない調味料ですよね。食材もそうですが、調味料もちゃんと作られたものを使うと、料理がいっそう美味しくなると思います...

夏は心臓の毒出しの季節

池田陽子さんの「ゆる薬膳。セミナー」に参加した時に学びましたが、中医学では、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五臓は季節とリンクしていて、夏は心臓の季節となっています。

WACCA池袋で池田陽子さんの「秋のゆる薬膳。セミナー」に参加しました
WACCA池袋で 10/7(水)19~21時に開催された「秋のゆる薬膳。セミナー」に参加しました。講師は薬膳アテンダントの池田陽子さんです。...

冷えとり健康法でも中医学が取り入れられているので、夏は心臓の毒出しの季節となっています。

五臓の図

きょうからはじめる 冷えとりレッスン 入門ノ書より

麦は肝臓の薬

5つの臓器は互いに関連があり、心臓にとって親の関係にあたるのが肝臓で、「麦」は肝臓の薬になるそうです。肝臓の働きが良くなると心臓を助けてくれます。

夏にそうめんや冷や麦を食べ、麦茶を飲むことは、理にかなっているんですね。

夏になるとよく食べるのが、そうめんや冷麦。麦茶もよく飲みますね。麦は心臓にとって親の関係である肝臓の薬になります。肝臓の働きが良くなって心臓を助けることができるよう、昔から食事にうまく取り入れられているわけです。

幸せになる医術 これが本当の「冷えとり」の手引書より

老舗の本格手延そうめん

麺類が好きな私はそうめんも好きです。
【三輪そうめん山本】の本格手延べそうめんが気になっています。
モンドセレクション最高金賞7年連続受賞で、細いのにコシがあって伸びにくいそうです。

三輪そうめん山本については、また次回書きますね♪

>>>次の記事で、三輪そうめん山本のことを書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)