防水・耐衝撃ケースの「LIFEPROOF(ライフプルーフ)」は本当に衝撃に強いです

私はクロスバイクに乗る時、スマートフォンをケースに入れて使っています。
方向音痴なので、Google mapでナビをして出かけることが多いです。

クロスバイクに乗るために必要な付属品②
ビアンキのクロスバイク「CAMALEONTE 1」を買い、付属品を取り付けてもらいました。 前回は、必須アイテムでしたが、今回は、その次に...

ロードバイクに乗っている彼はiPhoneを使っていますが、「LIFEPROOF(ライフプルーフ)」というケースを使っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アメリカで売上No.1の防水・防塵・防雪・耐衝撃性のケース

「LIFEPROOF(ライフプルーフ)」は、防水・防塵・防雪・耐衝撃性の4つの性能が揃ったケースで、アメリカでは売上No.1を獲得しているそうです。

P1020465 のコピー

衝撃に強いですが、ケース自体はゴツくはなくて、薄くて軽いです。

P1020466 のコピー

ロードバイクに専用のアタッチメントを取り付けて、

P1020764 のコピー

このようにセットして、彼は使っています。

P1020767 のコピー

耐衝撃テスト

彼は実際に、「LIFEPROOF(ライフプルーフ)」のおかげで命拾い(大げさですが)をしています。

国道の下り坂を自転車で飛ばしていたら、段差でケースごとiPhoneが吹っ飛んだんです。

その道は、私も車で何度も通ったことがありますが、車通りが激しい場所です。
彼が通った時は、たまたま車が通っていなくて、吹っ飛んだiPhoneを取りに行けたそうです。

iPhoneはほぼ無傷

回収したケースは、角が削れて、フィルムに穴が開いていたそうです。
iPhoneをケースから出してみると、よく見ないと分からないレベルの傷があっただけで、ほぼ無傷だったそうです!
穴が空いたので、防水機能は使えませんが、そのまま使っているそうです。

P1020763 のコピー

私はまだ、ケースごとスマートフォンが飛んでいった経験はありませんが、スピードを出している時にケースが飛んでいったら、悲惨な状態になるだろうなと思います。

LIFEPROOFって本当に衝撃に強いんだなぁと思います。

なお、LIFEPROOFは偽物もあるようなので、ちゃんとしたショップで買うと良いですよ。

「caseplay(ケースプレイ)」は日本国内正規代理店なので安心です♪


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)