【所沢】手打ち蕎麦屋「そば切り のなか」は山芋たっぷりの揚げ出し豆腐もおいしいです

彼のお父さんはグルメで、「せっかく食べるならおいしいものを食べたい」とよく言っています。
その点、私とよく似ています。

所沢市荒幡にあるお蕎麦屋さん「そば切り のなか」は、彼のお父さんに教えてもらいました。

2度めの来店

「そば切り のなか」は、西武園ゆうえんちの近くにあります。車で行くのが便利なところで、駐車スペースも十分にあります。お父さんに教えてもらうまで、お店の存在をまったく知りませんでした。

のなか

初めて来た時は、彼は「せいろ」(880円)、私は温かい角煮そば(1,580円)をいただきました。
今回は2度目の来店です。

山芋たっぷりの揚げ出し豆腐

注文をするとすぐにお漬物が出されます。
彼は飲まないので、私だけ梅酒のロックをいただきました(^_^)

お新香と梅酒

おつまみに、「揚出し豆腐(天ぷら風の特製揚げ出し)」(850円)を注文しました。
ネギやきのこも入っていて、山芋がたっぷりで、とてもおいしかったです。山芋に弾力がありました。

揚げ出し豆腐

とろろが苦手な彼は、もちろん食べませんでした。とろろになる前の山芋は好きだそうです。

揚げ出し豆腐

彼は「天せいろ野菜(季節の野菜)」(1,480円)、私は「せいろ」(880円)を注文しました。

天ぷらは季節の野菜がたっぷりで、衣がさくさくして美味しかったです。

天ぷら

素朴な二八そば

「そば切り のなか」ではアルカリイオン水を使い、そば粉は国内産(信州・北海道)の玄そばを石臼で挽いたものを使っているそうです。

そばは二八蕎麦で、素朴な田舎そばのような味です。
つゆは藪蕎麦のように、濃くて甘いです。量も十分に入っています。(たまに足りない時があるもので。)
写真はありませんが、後からそば湯も出てきましたよ。

せいろ

ラーメンの替え玉のように、おかわりもできます。追加のせいろ(つゆなし)は500円となっています。初めて来た時には、彼は珍しくおかわりをして、追加のせいろを注文していました。

せいろ

夜営業しているのは週末だけのようです。
おいしいお蕎麦屋さんを教えてもらって良かったです♪

店舗情報

店名:そば切り のなか
住所:埼玉県所沢市荒幡1305-3
電話:04-2928-8116
営業時間:11:00-15:00(L.O.14:30)、土日のみ17:00-21:00(L.O.20:00)
定休日:火曜日
分煙

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)