服部みれいさんの本「うつくしい自分になる本」を読みました

ライフスタイル

服部みれいさんのSELF CLEANING BOOKシリーズ3冊目で、集大成の本「うつくしい自分になる本」を読みました。

今回の表紙の色もステキです。

帯文は女優の太田莉菜さんが書かれています。

>>>お二人のトークイベントにも行ってきました。

前の2冊と違い、リアルタイムで読めて、しかも「声のメルマガ 服部みれいのすきにいわせてッ」を聞いているので、いっそう楽しめました。

>>>これまでの記事はコチラ
「SELF CLEANING BOOK あたらしい自分になる本」を読みました
「SELF CLEANING BOOK2 自由な自分になる本」を読みました

心身浄化の知恵

「うつくしい自分になる本」には、自然療法などの体のケアのこと、インナーチャイルドのケアなど心のこと、目に見えない世界のこと、達人へのインタビューなどが載っています。

私は服部みれいさんの本を読んで、冷えとり健康法を始めたし、白湯も飲んでいるし、TM瞑想もやっています。経皮毒のことを知って布ナプキンにしたし、酵素玄米を食べています。

自然療法のお手当では、こんにゃく湿布が良さそうだと思いました。

東城百合子さんの「家庭でできる自然療法」にも載っている砂浴(砂療法)は、私も静電気がたまっていると思うので、やってみたいです。

インナーチャイルドのケア

この本はインナーチャイルドケアのページから執筆されたそうで、一番ページ数が割かれています。

私もちょうどインナーチャイルドのケアをしようと思っているところなので、参考になります。

私もまさに、

過去に抑圧した感情を「なかったことにしない」、「生きづらさの原因と対峙する」

ときが来たと感じています。

自分の過去と向き合うことは、とても辛いし勇気が必要ですが、しっかり向き合わないと、同じことを繰り返すんですよね。それがやっと分かったので、この本や声のメルマガを参考に、やってみようと思います。

本来の自分に戻る

平松モモコさんのイラストが、今回も素晴らしいです。

思い込みで重くなった着ぐるみをまとった状態は、とてもわかりやすいです。
これじゃ自分が本当はどうしたいのか、本心が分からなくて不安ですよね。

インナーチャイルドのケアを始め、いろんな知恵で心身を浄化して、着ぐるみが剥がれると、本来の自分が出てくると書いてあります。

うちの猫がお世話になっている原因療法の須崎動物病院の先生は、症状は玉ねぎの皮をむくように治っていくと言っています。

心の問題も、体と同じような過程で治るんだなと思いました。

ことばは魔法の章では、平松モモコさんがエミール・クーエの自己暗示法で体調が良くなったことが書かれています。

平松さんが、

自分に対して自分のお母さんになったつもりで接してあげるようにした

というのが素晴らしいと思いました。

スピリチュアルな世界

目に見えない世界のことはあまり詳しくないのですが、知らないことがたくさんあるなぁと思いました。

全然違う世界に触れるのは、視野が広がって良いと思います。
別の世界観があって、救われることもあると思うし、趣味の世界だなとも思います。

大野百合子さんのことが描かれた「スピリチュアルかあさん」も読んでみたいです。

何度も読みたい

マーマーマガジンフォーメンで特集されていた中島正さんのインタビューも掲載されています。改めて、都市生活者としての自分を考えさせられました。

今の私は物欲もかなり減って、都会で引きこもっている感じなのですが、自然からは遠いので、徐々にシフトしていきたいなと思っています。

このシリーズは、語りかける口調で書かれていて読みやすいのですが、声のメルマガ同様、情報量が多いので、折に触れて読み返したいと思います。

【追記】女優の石田ゆり子さんもInstagramで紹介されていました

コメント