布ナプキンよりエコな月経カップ「ROSE CUP(ローズカップ)」が気になっています

健康

2015年9月に布ナプキンに切り替えてから、ずっと使っています。
スナフと布ナプキンのダブル使いです。

布ナプキン生活は快適で、もう市販のナプキンには戻れません
経皮毒の心配もないし、むれてかゆくなることもありません。生理痛はもともと軽かったのですが、今ではほとんどありません。

ただ、ときどき洗濯がめんどくさいときがあります。

エコナセイカツのマキさんのブログで、月経カップというものがあると知り、気になっています。
>>>生理痛が消えた!月経カップ(スクーンカップ)で生理の日が超快適に。

月経カップとは?

医療用シリコンで出来たカップで、タンポンのように膣の中に入れて使います。
取り替える時は水洗いをするだけでよく、お手入れは煮沸消毒となっています。

膣内にシリコン製のカップを挿入して経血をため、一定時間をおいて捨て、繰り返し使用する方法が一般的な月経カップの使用方法です。

海外では1930年代から使用されているそうですが、国産の月経カップを見つけました。

世界初の国産月経カップ

「ROSE CUP(ローズカップ)」は、日本人女性のための日本製の月経カップです。サイズも日本人女性に合わせて作られています。

容量は18mlで最長12時間つけることができて、ナプキンのようにニオイや漏れを気にしなくて済みます。



トイレで出すという月経血コントロールができればいいのですが、量の多い時は便利そうだと思います。

値段は高いですが、半永久的に使えるし、洗濯の手間が減るのが良いです。

まずひとつ買ってみて、試してみたいなと思っています。
使ってみた感想は、また書きますね♪



コメント