【両国】「とんかつ はせ川」で三元豚を使ったこだわりのトンカツを食べました

食べ歩き

今日は先週の日曜と同じく、東日本橋の「TOKYO Wheels」に行きました。彼が買おうと思っていたビンディングシューズを履いてみたらイメージと違ったので、別のシューズを見に行きました。

先週は神保町でお昼を食べましたが、「TOKYO Wheels」は両国からも歩けるほど近いので、今回は両国駅前で食べることにしました。

【神保町】江戸川乱歩ゆかりの天麩羅のお店「はちまき」で天丼を食べました
彼がロードバイク用のビンディングシューズ...

平牧バーク三元豚のみ使用

両国で人気のとんかつ屋さんへ行きました。

「とんかつ はせ川」は、JR両国駅東口から徒歩3分の場所にあります。
日曜日の12時ごろ行きましたが、2人待っていました。

私たちは、奥の座敷席へ案内されました。
店内を通らず、いったん外に出てビルの通路を進み、奥にある入り口から入ります。
掘りごたつの6人がけテーブルがふたつあり、2人でゆったり座りました。

上ロースカツとひれかつ

「とんかつ はせ川」では、平田牧場の三元豚が使われています。
夜は豚しゃぶなどが食べられるお店で、お昼はリーズナブルに上質のとんかつが楽しめます。

ロースが好きな私は、普通に「ロースカツ(120g)」(1,000円)にしようとしたら、彼が「せっかく来たんだから、上にしなよ」と言うので(お金を出すのは彼ですし)、お言葉に甘えて「上ロースカツ(180g)」(1,800円)にしました。

ご飯とみそ汁、漬物に、大根おろし、ひじきも付いていました。

ひれかつには辛子のみでしたが、ロースカツにはわさびも付いていました。
ワサビをとんかつに付けるのは、初めてでしたが、よく合いました。

彼はひれかつをいつも頼みますが、メニューに上ひれかつはありません。彼は「ひれかつ(120g)」(1,000円)より値段の高い「ひれかつ(180g)」(1,800円)を選びました。
(ロースかつもきっと量の違いだと思います。)

彼はあとから「量が多かった」とボヤいていました。

キメが細かい肉質

三元豚は、肉質のキメが細かく、美味しかったです。
ロースの脂身も甘くて、ひとり静かに幸せを噛み締めました。

ソースは甘口と辛口があり、パン粉や油、ソースもオリジナルだそうです。

そして、大根の漬け物がおいしく、ご飯や酒のつまみになりそうでした。ちゃんとしたお店は、お漬物までおいしいですよね♪

ご飯とキャベツはおかわりが出来ます。
おかわりのご飯は、最初のご飯より固めでおいしくはありませんでした(・_・;

奥の座敷席は個室に近く、トイレも専用となります。

表で並んでいる人たちのことを忘れそうになるくらい、ゆっくり食事ができてラッキーでした。

店舗情報

店名:とんかつ はせ川
住所:東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号
電話:03-5625-2929
営業時間:11:30-14:30、17:00-22:30(L.O.22:00)
定休日:無休(年末年始を除く)

コメント