宇津木龍一さんの「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」を読みました

化粧品

肌断食という言葉は聞いたことがありますが、具体的な方法は知りませんでした。

ミニマリストの尾崎友吏子さんのブログの記事を読んで、宇津木龍一さんの本を読んでみました。
>>>眉間のシワが消えた?肌断食、宇津木式スキンケアを丸3年。

つけない・こすらない・洗いすぎない

「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」によると、

宇津木流スキンケア法の基本は
「つけない・こすらない・洗いすぎない」の3つ。
毎日おこなうのは肌を極力こすらない水洗顔だけです。

基本は水洗顔で、肌の乾燥が激しいときだけ、白色ワセリンを使います。

ワセリンはべとべとする印象がありますが、使うのは米粒の半分くらいでよく、つけすぎなんだそうです。

化粧品をやめる

塩浴の本を読んだ時に、化粧品が肌に浸透しないことや、石けんやシャンプーは必要な皮脂膜まで取り去ってしまうことは知っていました。

この本にも同じことが書いてあります。

化粧品の多くは肌を乾燥させ、炎症を起こさせ、皮膚の新陳代謝を著しく低下させて、シミやシワ、くすみやたるみなどをつくる原因となるそうです。

私は目の下のくまも気になるのですが、「アイクリームはクマを悪化させる」というのも衝撃でした。

多少残っても良い

びっくりしたのは、メイクが落ちていないことよりも、こする害の方が大きいことです。

アイメイクにしろ眉ずみにしろ、完全に落とそうとはしないこと。多少肌に残っていても、皮膚の新陳代謝によって3〜4日で垢と一緒に自然に落ちていきます。徹底的に落とそうとすれば、それだけ肌をこすることになり、炎症や黒ずみの原因となります。

綿棒を使ったアイメイクの落とし方は参考になります。

タオルでゴシゴシ顔を拭いたり、ユビタマゴで顔をマッサージするのもやめようと思います。

老け顔になる眼瞼下垂

あと、ショックだったのは、

ペンシルタイプのアイライナーはダメージが大きい

ということです。

アイライナーを引くときに、目尻を引っ張るようにすると、眼瞼下垂(まぶたが垂れ下がる)になるそうです。まぶたをこするのも良くないそうですが、私は目が痒い時、けっこうこすっています(・・;)

ときどきやっているので、ファンデーションを塗らないのは平気なのですが、アイラインを引かないでマスカラだけだと、顔がぼんやりするんですよね。。。

まぁ、ポイントメイクでアイライナーを使うのも徐々に減らしていきたいと思います。

手入れしなくて良いのはラク

私は塩浴を始めてから、化粧水など基礎化粧品を使わなくなりました。

最近、肌の乾燥がひどく、ほうれい線が消えなくなったのもあって、化粧品を買った方がいいかなぁと思っていました。

でも、この本を読んで、化粧水もクリームも買わなくていいんだとわかってホッとしました。

肌のお手入れをしなくてよいのは、めんどくさがりの私にはうれしいです♪
化粧品がいらないならモノも減らせるし、お財布にも優しいですしね。

私も、肌の自己回復力を信じて、何もしないケアをやってみようと思います。

>>>次の記事で、同じ著者の他の本も読んだことを書きました。

コメント