ロシア食品専門店「赤の広場 銀座店」と「キハチ カフェ」

お出かけ

昨日は彼(=パートナー)と銀座に行ってきました。銀座に行くときは、電車で数駅の日比谷から歩くことが多いです。

季節の野菜たっぷりのランチ

お昼は日比谷シャンテにある栗原はるみさんプロデュースのカフェ・レストラン「ゆとりの空間」で食べました。日曜の13時過ぎでしたが、割とすぐに入れました。

直感でおいしそうだと思って「アジフライの大葉タルタルソースサンド」を選んだのですが、大正解でした!

彼は「栗原さんちのお昼ごはん」を食べました。
季節の野菜たっぷりでうれしいです。

【日比谷】栗原はるみさんのオリジナルレシピが楽しめるカフェレストラン「ゆとりの空間」でランチ
今日のお昼は日比谷シャンテにある「ゆとり...

赤の広場でお買い物

銀座ではメガネ屋さんに寄り、彼が行きたがっていたロシア食品専門店「赤の広場」に行きました。昨年オープンしたそうです。

彼は嬉々としてお菓子や紅茶などの買い物をし、私はチョコを買ってもらいました。
ロシア人の店員さんは日本語が上手でした。

犬や猫が王冠をかぶった素敵な絵柄の紅茶缶が気になりました。
非売品のマトリョーシカがそっくりで、よくできていました。

大きなプリンと苺のタルト

歩いて日比谷に戻り、再び日比谷シャンテ1階の「キハチ カフェ」でお茶をしました。行列に並び、30分ほど待ちました。
ケーキを何度かテイクアウトして食べたことはありますが、カフェを利用するのは初めてです。

「こだわり卵の大きなプリン」(935円)は磨宝卵ゴールドを使った自家製プリンです。
かためのプリンが思いがけずおいしかったです。ちょっと量が多くて飽きてしまいましたが、彼は「プリンはかたいのに限る」と喜んでいました。

「苺のタルト バニラアイス添え」(1,320円)もサクサクで、いちごも甘くて美味でした。
彼はコールドブリューコーヒー、私はデカフェコーヒーを飲みました。

彼が眼鏡を買いたいというので下見に行ったんですが、赤の広場に行くとは思っていませんでした。昨日もけっこう歩いたので、1万歩を超えていました。

コメント