コーヒー寒天のリベンジと手作りのガムシロップ

以前、棒寒天と粉寒天でコーヒーゼリー作りに失敗したことを書きました。

棒寒天でコーヒーゼリーを作って失敗しました
コーヒーゼリーが食べたくなって、作ろうと思い立ちました。以前にゼラチンを使ったコーヒーゼリーを作ったことがあります。夏のおやつにぴったりです...
粉寒天でコーヒーゼリーを作ってみました
先日、棒寒天でコーヒーゼリーを作って失敗したのですが、残ったもう1本の棒寒天でも失敗しました((+_+))もう1本の棒寒天でチャ...
どちらも、寒天をしっかり溶かしきれてなかったのが原因でした。

粉寒天で再度チャレンジ

再度、同じこちらのレシピでチャレンジしました。
粉寒天2gとをぬるま湯150mlに入れて1時間置いておき、加熱して溶かします。

粉寒天は溶けました

コーヒー550mlを加えて混ぜます。砂糖は入れませんでした。

コーヒーを入れて混ぜます

粉寒天はちゃんと溶けましたが、出来上がったコーヒーゼリーの固まりが弱いという結果に終わりました。
寒天を増やして再度固めたら、食べられました。

柔らかかったです

寒天の量を増やして再度チャレンジ

寒天の量が少なかったようなので、寒天を増やして再度作ってみました。

寒天の量を計算

袋には、水400mlに対して、寒天5gと記載があります。
5÷400=0.0125
作るのは、700gなので、
0.0125×700=8.75g
四捨五入して10gでよいかと思い、粉寒天10gと水150ml、コーヒー550mlで作ることにしました。

作成開始

まず、袋に書いてあるように、粉寒天10gをぬるま湯150mlに入れて戻しました。寒天が水を吸って、ゲル状になっていました。
なぜ作る前に気づかなかったのだろうと思いましたが、あまりに水が少なすぎ(寒天5gに水400ml)です∑(゚Д゚)ガーン 寒天が焦げて少し茶色になりかけていたので、慌てて水を150mlくらい足しました。

それでも水が少ないので、抽出したコーヒーを全部入れました。本当は、香りが飛ぶので、コーヒーを入れて加熱する時間は短くしたいのですが、仕方ありません。
10分近く加熱し、溶けたのを確認して、容器に入れました。

常温で放置しても固まるくらい、とても良く固まりました。気泡が残ってしまいました(^_^;)

しっかり固まりました

砂糖を入れなかったので、てんさい糖と水でガムシロップを手作りしました。
こちらのレシピを参考にしました。ガムシロップはチンするだけなので、ちゃんと作れました。

手作りのガムシロップ

感想と課題

今回はしっかり固まりましたが、もう少し柔らかくても良い気がします。
味は、濃い目にコーヒーを淹れたので、そのままでは苦かったです。ガムシロップをかけて、ちょうど良かったです。
あと、インスタントコーヒーではなく、ハンドドリップしたコーヒーを使うので、香りが飛ばないように加熱時間を減らしたいところです。
レシピを考えてみたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)