冷えとり靴下の841の「分厚いウールのカバーソックス」に開いた穴を繕いました

寝るときに履いているウールのカバーソックスに穴が開いていたのを、やっと繕いました。

左右2箇所ずつ破れ

冷えとり靴下の841(ヤヨイ)で買った「分厚いウールのカバーソックス」です。

かかとが破れていたのを放置して履いていたら、もう一ヶ所破れました。左右同じように穴が開きました。

ウールなので毛糸で繕おうかとも思いましたが、絹の端切れを使いました。

ウールのカバーソックスは、磨耗で穴が開きました。綿のカバーソックスを上から履くと良いそうですが、色が気に入っているので、そのまま履いています。

今後は、絹の端切れがかかとにあることで、滑り止めにもなると思います。

ダーニングのワークショップで習ったやり方で繕いました。

ワークショップの時に、同じ靴下を隣の方が繕っていたんですよね。

刺繍糸と絹の端切れ

先週末は法事で実家に帰りました。母の遺品整理をしているときに出てきたので、刺繍糸と絹の端切れをもらってきました。

母は料理は上手でしたが、片付けはできない人で、物を捨てられない人でした。叔母たちによると、母の母である祖母も、なんでも取っておいたそうです。

いろんなものがいろんな箱から出てくるので 、叔母が「玉手箱のようだ」と言っていたのが印象的でした。

刺繍糸と端切れがたくさんもらえたので、当分買わなくても大丈夫なのは、ありがたいことです♪

絹の靴下はあらかた繕いましたが、まだかかとに穴が開いたウールの靴下が残っています。
写真はほんの一部です。あまりにたくさん絹の靴下を縫ったので、まだ何枚だったか数えていません。。。

分厚いウールのカバーソックスは、19枚目に履いています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)