ダイエット中でも食べられる遠藤製餡の「ゼロカロリー和菓子」

冷えとり健康法では、体を温める食品を食べることや食べすぎないと言うことが書かれています。しかし、食いしん坊の私にはなかなか難しいです。

甘い物はよい要素が働くように食べる

いつも美味しいものが食べたいなと思っていて、何を食べようかな~と考えるのが楽しいです。そうはいっても、普段は野菜中心の質素な食事をしているのですが。

虫歯が多いので、おやつを毎日食べるのはやめましたが、週末は食べています。甘いものはやっぱり美味しいし、たまに食べたくなるんですよね(●´ω`●)

お菓子の代わりに果物を食べて、おやつの習慣を止めました
数年前まで、甘いモノが好きなので、毎日のように食べていました。私は家にお菓子があると食べてしまうタイプなので、買うのをやめようと、お...

甘い物はよい要素が働くように食べる

進藤義晴さんの「病気にならない『冷えとり』健康法」には、「甘い物はほんの少しを感謝して食べると体によいが、たくさん食べると糖尿病やその他の病気を引き起こす」と書いてあります。

食べ物に感謝して、少しずつ口に入れて、よく噛んで食べるとよいのです。するとよい要素だけが体に働いて、悪い要素はあまり働かないで体を素通りして出ていってしまう。

疲労回復効果についても書いてあります。

疲れたときなどは、甘い物をほんの少し食べれば本当に早く疲れが抜けます。

少量を感謝して食べる

甘いものも、少量を感謝していただくということが大事なんですよね。ついついたくさん食べたくなってしまうんですが、上手にコントロール出来るようになりたいです(^_^;)

カロリーゼロの和菓子

甘いものというと、洋菓子より和菓子の方がカロリーが低いですよね。小豆を使ってあるものが多いので、食物繊維も摂れるそうです。

小豆

昭和25年創業の遠藤製餡

日本で初めてのカロリーゼロの和菓子があることを知りました。
昭和25年創業の遠藤製餡のオンラインショップには、砂糖を使わず、ネオテームやスクラロース、ステビア、エリスリトールを使ったゼロカロリーのスイーツがあります。



ゼロカロリーのようかんや、くずもち、わらびもちなどは、味も種類があります。
オーガニックの小豆と砂糖を使ったレトルトパウチのぜんざい、有機JAS認定のあずき美人茶などもありますよ。

プレゼントにもぴったり

カロリーゼロの和菓子は、自分用にも良いし、贈答セットもあるので、年配の方への贈り物としても良いなと思いました。
糖質が気になる人や、ダイエット中の人も食べられるのは良いですよね。

ようかん

甘いものを食べたくなったら、こういうゼロカロリーのスイーツを上手に利用して、ストレスがたまらないようにしたいです♪


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)