冷えとり健康法で寒さに強くなりました

健康

2015年秋に、冷えとり健康法を始めました。飽きっぽい私には珍しく、ずっと続いています。

朝晩半身浴をし、靴下とレギンスを重ね履きして下半身をあたためています。少食が良いのですが、食いしん坊の私は難しいです。

冷えとり健康法を始めてから、寒さが苦にならなくなりました。
職場や外出先で寒いと思うこともなくなりました。

靴下とレギンスで下半身をしっかりあたためていると、上半身は厚着しなくても平気です。
よく首とつくところを温めると良いと言いますが、冷えとり健康法では首周りや手首は、熱を逃がすため、あたためません。

マフラーをせず、首周りを開けていて涼しげなので、寒そうに思われますが、寒くはありません。ウールのセーターを着ていると、室内では暑いくらいです。
タートルネックも好きだったのですが、着なくなりました。

私が冷えるのはお尻と足の甲なので、冷えとりくつしたの841で買った「ウールの腹巻きスカート」は欠かせません。

家ではしていないので、欲しいなと思っています。

コメント