2016年の手帳選び

12月に入って、来年のカレンダーや手帳がお店にたくさん並んでいますよね。文房具が好きなので、この時期はワクワクします((o(´∀`)o))

私はA型の割にはおおざっぱな性格をしていますが、手帳は毎日使っています。予定の管理やライフログをつけるのに欠かせません。

手帳

アナログな紙の手帳だけでなく、Googleカレンダーも使っています。同期できるので、スマホやパソコン、iPadと、どの端末でも予定が確認出来て、便利です。デジタルは繰り返し予定の入力がラクだし、アラートが設定できるのが良いです。

今年の手帳

今年は去年と同じで、コクヨの「キャンパスダイアリーA6 バーチカル・ウィークリータイプ」を使っています。サイズが小さく、余分なページが無いので選びました。持ち運びが便利だし、気に入っていますが、マンスリーが無いのが不便です。

バーチカルを愛用

私は、見開き1週間で、縦に時間軸が並んでいるバーチカルタイプを使っています。
記入方法は、佐々木かをりさんの「ミリオネーゼの手帳術」を参考にしています。
仕事とプライベートは同じ手帳で管理し、TODOはリスト化するのではなく、日々の予定に書き込みます。

手帳遍歴

これまで、いろんな手帳を使ってきたのですが、2012年と2013年に使った手帳を紹介します。

MARK’SのEDiT

MARK’Sは、カバーがおしゃれなんです。アーティストとコラボしたものもあります。手帳グッズも充実しています♪



手帳もいろいろありますが、1日1ページのEDiTを使ったことがあります。
ページ数が多くて分厚くてかさばるのと、書くことがある日と無い日があり、余白が全部埋まらないのが気になりました。。。1日1ページは、私には向いてなかったです(^_^;)

EDiT

能率協会のPAGEM

能率手帳は、職場で配られることもある老舗の手帳メーカーですが、NOLTY(ノルティ)という名前に変わって、カッコイイ感じになっています。私は、女性向けのPAGEMが王様のブランチとコラボした手帳「王様のブランチ×ペイジェム」を使っていました。



これは週間バーチカルなので使いやすかったです。LOFT限定カバーで、色違いの3種類のカバーに変更することが出来ました。

PAGEM

来年の手帳は何にしようかな?と考えています。

>>>次の記事で、ジブン手帳を使ってみたことを書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)