柳宗理さんの鉄フライパンでケンカ

フライパンは6年くらい前から、柳宗理さんの鉄フライパンを使っています。25センチのフタ付きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フライパンの素材もいくつかありますが、自然に鉄分が取れるし、テフロン加工だとはげてしまいますが、鉄のフライパンは長く使えるので、鉄を選びました。
女の私には少し重いし、手入れは必要ですが、その分愛着がわきます♪ 油がなじんでくると、使いやすいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使う前には、空焼きする「焼き込み」という作業が必要になります。私は彼にやってもらいました。(めんどうなことは毎回お願いしておりますm(__)m)

焼き込みと手入れ方法は下記が参考になります。
SORI YANAGI Support Site (柳宗理サポートサイト) | 製品ケア情報 | 鉄フライパン

柳宗理さんは、民藝運動で有名な柳宗悦さんを父にもつデザイナーです。公共施設や家具などもつくられています。金沢市に柳宗理記念デザイン研究所が出来たそうなので、いつか行きたいなと思っています。

このフライパンは、ふたをずらすとすき間ができるようにデザインされています。
このすき間から、水分を蒸発させたり、湯切りができるようになっています。

フタの説明

毎回使ったあとは、たわしでこすって汚れを落とし、火にかけて水分を飛ばし、薄く油を塗ってから収納しています。ちょっと塗りすぎ感がありますが(^_^;)

鉄フライパン

一番くだらないケンカ

私は、鉄のフライパンを洗うときに洗剤を使わないのは常識だと思っていました。あるとき、私が食事を作り、彼が食器洗いをしてくれたときに、このフライパンを洗剤で洗ったことから、ケンカになりました。
彼にしてみれば、汚れを落とそうと洗剤を使ったんだろうし、鉄のフライパンに洗剤がNGだなんてことは知らなくても当然だったんですけどね。私の心も狭かったです。
今思い出しても、ホントにくだらないことでケンカしたなぁと笑い話になっています。

柳宗理さんのキッチンツールは、他にもヤカンとトングを使っていますが、どちらも使いやすくて気に入っています。デザインと機能性が優れているところが良いです。
ザルやボール、カトラリーなども徐々に揃えていきたいなぁと思っています。

柳宗理 鉄フライパン 25cm 蓋付

価格:2,840円
(2015/6/18 21:37時点)
感想(0件)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)