顎関節症がいつの間にか治りました

健康

2週間位前から「あいうべ体操」を始めました。服部みれいさんのトークショーで知りました。

あいうべ体操で気づく

あいうべ体操とは、福岡のお医者さんが考案した「口呼吸を鼻呼吸に改善していく口の体操」です。

>>>あいうべ体操で口呼吸を鼻呼吸に改善 | 福岡のみらいクリニック

* 口がいつも開いている
* 何となく疲れやすい、だるい、やる気が起きない
* 手軽に、いつでもどこでも出来る健康法が知りたい
* アレルギー性疾患(花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎など)で困っている

にオススメだそうです。

アトピーから喘息、リウマチ、うつ、歯周病まで、呼吸を口から鼻に変えるだけで気になる症状が改善するそうです、

口呼吸は良くないと知っていましたが、いろんな病気の元になっているとは知りませんでした。

>>>口呼吸について | 日本病巣疾患研究会

あいうべ体操のやり方

あいうべ体操は、

  1. 「あー」と口を大きく開く
  2. 「いー」と口を大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を強く前に突き出す
  4. 「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

1〜4を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます。

あいうべ体操をやっているときに、口を開けても音がしないことに気づきました。

口の歪みも改善

私は口を大きく開けると、カクカク音がしていました。病院で診察を受けたことはありませんが、顎関節症だと思います。

数日前から、大きな口を開けても、顎がガクッとすることが無くなっていることに気づきました。

歯医者で口を長時間開けるのが辛いことを除けば、日常生活で困ることはなかったので、気にしていませんでした。

冷えとり健康法のおかげ?

良くなったのはたぶん、冷えとり健康法のおかげだと思います。

因果関係はわからないけれど、冷えとりをしていたら治るかなと淡い期待があったのも事実です。
冷えとりは骨折も治るし、花粉症も治りますしね。

私は口も歪んでいたのですが、直っていることに気づきました。
笑うといつも左の方が上がって、ニヒルな笑いしかできなかったんです。

今は左右とも同じになっています。普段自分の笑顔を鏡で見ないもので、気づきませんでした。

口の歪みって顎関節症と関係があるんでしょうか?ともさかりえさんも、顎関節症なのかもしれませんね。

少し前からほうれい線が気になってきて、自分に自信がなくなっていたんですが、いいこともあるんだなと嬉しくなりました♪

口を大きく開けても平気なのは、ストレスがなくて良いですね(*^。^*)

コメント