「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」のマフィンで冷えとりお茶会

ダーニングのワークショップが行われた「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」は、東横線自由が丘駅から徒歩10分、大井町線緑が丘駅から徒歩5分の場所にあります。

私は自由が丘駅から歩いて行きました。

スタート時点で間違えて反対方向へ向かっていましたが、時間に余裕もあったし、自由が丘には何度か来ているので、早めに軌道修正できました(^_^;)

そのあとは地図を見ながら、迷わずたどり着けました。

隣の公園のトラの乗り物が可愛かったです。(スマホのカバーもトラだし、大好きなもので)

純植物性でオーガニック

「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」のマフィンは、 卵やバター、牛乳などの動物性食材や白砂糖を使わずに、できるかぎり国産またはオーガニックの食材でつくられています。

安心して食べられるのは、いいですよね。

●卵、バターや牛乳など、動物性の食材は使っていません
●できるかぎり、国産またはオーガニックの厳選した食材を使用しています
●生地は南部地粉と国産の全粒粉を使っています
●白砂糖は使わず、甜菜糖、メープルシロップで甘みをつけています
●アルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用
●着色料、保存料は一切使用していません
●毎朝、その日のぶんを手づくりしています

nanayoubi | aboutより

見るからにおいしそうなマフィンが、ずらっと並んでいました。

お店の方も、とても感じが良かったです。

目立たない場所にありますが、お客さんが次々に訪れていました。

プレーンのマフィンとほうじ茶

ダーニングのワークショップのあとに、プレーンのマフィンをいただきました。
飲み物もオーガニックで、私はほうじ茶にしました。穀物コーヒーもありました。

全粒粉が使われたマフィンは食べごたえがあり、香ばしくておいしかったです♪
シンプルですが、何もつけなくても十分食べられます。

やさしい雰囲気

ワークショップの参加者は私を含め6名で、冷えとりを5年以上している方たちでした。
主催のcotteさん始め、みなさんオシャレでした。
そして、

  • 肌がきれい
  • 若い(子供が○才で~、というのを聞いて、そんなに大きなお子さんがいるように見えないという感じ)
  • 穏やかなやさしい雰囲気

も共通していました。

靴下の枚数が減る

繕った靴下をお披露目しながらのお茶会では、

冷えとりを続けていると、冷えが取れてきて靴下やレギンスの枚数が少なくなることを聞きました。
動いて筋肉がついたことも関係あるかもということでした。

男性に冷え性が少ないのは筋肉が多いからと聞くので、私も筋肉をつけたいなと思っています。

また、足の脛がかゆいのは食べ過ぎの毒出しということも聞きました。

私もちょうど、足がかゆくて、すねをかきむしって傷が出来ているので、タイムリーな話題でした。

お茶会の感想

冷えとりを長くやっている人達とお話できて楽しかったし、参考になりました。

ダーニングのことで頭がいっぱいだったので、何も質問を考えてなかったんですが、よく考えたら聞きたいことはいくつかあるなと思いました。共通する話題で盛り上がれる(話が通じる)のは楽しかったです。

また機会があったら、いろいろ質問したいなと思っています。

次回はテイクアウトしたい

ずらっと並んでいたマフィンも、帰る頃には数が少なくなっていました。
今回はダーニングを優先して、マフィンを買うのは次回にしました。

次に自由が丘に行ったら、マフィンを買いに寄りたいと思います。

店舗情報

店名:ヴィーガンマフィン屋 七曜日
住所:東京都目黒区緑が丘1丁目13-4 パークハイツ緑が丘1F
電話:070-6644-3128
営業時間:12:00-18:00
定休日:月・火・水曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)