ひえとりソックスのお店utataneの「冷え取りレギンス」【レビュー】

靴下の重ね履きと同じように、レギンスを重ね履きしたいと思い、ひえとりソックスのお店utataneで、絹のレギンスなどを買いました。

ひえとりソックスのお店utataneの「冷え取りレギンス」を買いました
冷えとり健康法では、靴下の重ね履きと同じように、レギンスも絹→綿(ウール)→絹→綿(ウール)と重ねることをオススメされています。...

レギンスの重ね履き

私は冷えとり靴下とレギンスは、寝る時履くものと日中履くものとを分けています。

ひえとりソックスのお店utataneの「冷え取りレギンス」は、就寝用として履いています。
絹100%のレギンスを2枚、ウールを1枚、オーガニックコットンを1枚買ったので、当初は、絹→オーガニックコットンまたは絹→ウールの2枚を交互に履いていました。寒くなってきたので、最近は、4枚全部を重ねて履いています。ちょっとキツキツですが、あったかくて熟睡できています(о^∇^о)

冷え取りレギンス

日中用は、841の「内絹外綿レギンス」を履いています。最近は寒いのでレッグウォーマーを重ねています。

日中用の方が汚れやすいので、手洗いが必要な薄手の冷え取りレギンスよりは洗濯に耐えられるかなと思います。

「冷え取りレギンス」のナイスな点

値段がお手頃

やはり、なんといっても値段が手頃(2,600円)なのが魅力的です。絹100%のレギンスは、けっこう高くて、5,000円以上はします。
履き心地も良いし、質も良いと思います。

重ね履きに最適

ウールやオーガニックコットンのレギンスもリーズナブルだし、薄手なので、重ね履きにぴったりです。
靴下もそうですが、レギンスも、重ね履きをするなら、冷えとり用を買うのが良いと思います。普通の靴下やレギンスを重ねるのは、ゴムがきつかったり、厚手だったりすると思うので。

「冷え取りレギンス」の注意点

サイズはワンサイズ

サイズがフリーサイズのみなので、大柄な人は履けないと思います(^_^;) 私は154cmで、ちょうど良かったです。

洗濯は手洗い

洗濯は手洗いと書かれています。が、めんどくさがりの私は、二重にネットに入れて、弱水流で洗濯機で洗っています。冬だし寝る時だけ履くので、洗濯の回数もなるべく減らして週1~2回にしています。

初めて洗濯したときは、「破れたらどうしよう?!」と思ったのですが、今のところ大丈夫です。
洗いあがりは、絹のニオイがします。ウエストのゴムは、ねじれました(^_^;)

シルク100% 冷え取りレギンス

まとめ

サイズが合えば、ひえとりソックスのお店utataneの「冷え取りレギンス」は良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)