「春夏秋冬ゆる薬膳。」を読んでみました

以前、WACCA池袋に行った時に、池田陽子さんのゆる薬膳。セミナーがあると知り、申込むと同時に、図書館で借りて本を読んでみました。

読んだのは、薬膳アテンダントの池田陽子さんの「春夏秋冬ゆる薬膳。」という本です。

春夏秋冬ゆる薬膳。

食べ物で体調を整える

私はなるべく薬を飲みたくないので、「食べ物で体調を整える」という考え方には大賛成で、ぜひ取り入れたいです。

花粉症の時期も、花粉症に効果があると有名な泡盛を飲んで乗り切っています。鼻や目がツライ時に、少量を飲みます。朝飲むことが多いですが、少ししか飲まないし、お酒は強い方なので、生活に支障はありません。私は日本酒や焼酎などのお酒は苦手なので、泡盛も好きではない(別に飲みたくはない)のですが、薬よりは良いかなと思います。でも、食べ物で改善できるなら、その方が良いです!

初心者にもちょうど良い

薬膳には興味があったのですが、難しそうな気がしていました。でも、この本は分かりやすいし、「コンビニの惣菜や缶詰でもOK」「外食でもOK」というゆるさが、初心者にもちょうど良いです。

この本には体調と季節の関係が書かれていて、季節に合わせた症状とオススメの食材、レシピなどがわかりやすく書かれています。文章も面白くて読みやすいです。

内容

高い化粧品を買うよりも食事に気をつける

池田さんは薬膳を実行して化粧品代が1ヶ月10万円から3000円に激減し、体重がマイナス5キロ、肩こり、むくみ、花粉症、疲れ目を改善したそうです。
食べ物の効能を知って、摂るようにすれば、可能なんだろうなと思います。私も、肩こりや花粉症、疲れ目を治したいです。

野菜などは旬のものを食べていれば良いようです。大地宅配でセットを買うと、野菜や果物は自然と旬のものが食べられるのですが、それ以外の食材は、この本を参考にして積極的に食べたいなと思います。

実際にお話を聞くと、さらに理解が深まると思うので、セミナーも楽しみです♪

>>>次の記事で、セミナーに参加したことを書きました。

▼花粉症対策に請福ファンシーを飲んでいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)