人は正しいことだけでは生きていけない~「彼女に関する十二章」より~

前に、骨折を半身浴で治す話を書きました。

骨折を半身浴で治す話【冷えとり健康法】~「SELF CLEANING BOOK2 自由な自分になる本」より~
中野ブロードウェイの香林坊で食事をしたとき、ママさんと常連の方の話が聞こえてきました。 常連の方が骨折して、お医者さんに血行を良くするため...

最近読んだ中島京子さんの小説「彼女に関する十二章」に、病院に行かずに折れた肋骨を治そうとする男性が登場します。主人公の女性は心配して、「病院に行ってください」と言います。

男性はお金を使わない生活をしていますが、かつて事業に失敗して結婚生活も破綻し、ホームレス生活をしていた過去があります。

彼女に関する十二章

この本に、

人は正しいことだけでは生きていけない

正義は人を居心地よくさせるものでもないらしい

と書いてあります。

私はこれを読んで、冷えとり健康法のことを思いました。
長岡式酵素玄米も、宗教と捉えて批判する人もいますよね。
人が何かを信じてやっていると、宗教っぽく見えるんですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この本にも書かれていますが、日本人は世間の目を気にするので、人と違ったことをしていると非難されます。
私は小さい時から、わざとやっている訳ではないのですが、人と同じことができないので、注意されてばかりでした。当時は個性を尊重する風潮などなく、変わってると言われ続けていました。
フランスに留学したときは、他人に干渉されないので、とても暮らしやすかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中島京子さんは、2010年に「小さいおうち」で直木賞を受賞されました。映画も良かったです。
私はベストセラー小説には関心がなく、すぐに読まない方なので、「小さいおうち」も読んだのは遅かったです。しかし、素晴らしいので、中島京子さんの他の本も読みました。
作風が本ごとに違っていて、ユーモアもあって、読みやすいです。今、一番好きな作家さんです。

デビュー作の「FUTON」は田山花袋さんの「蒲団」を元に書かれています。
「彼女に関する十二章」にも、伊藤整さんの「女性に関する十二章」が出てきます。引用されている内容が興味深いので、元の本も読んでみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)