とても身体が冷えやすい梅雨の時期の冷えとり

梅雨の時期はとても身体が冷えやすくなっているらしいです。

電車の冷房は平気なのですが、職場はとても寒いです。冷えとりしていても冷えます。
時間に余裕がなくてたいていバタバタしている私は、電車に乗るまで走っていることが多いので、電車の中では暑くなっています(^_^;)

職場の冷房対策

冷えとり健康法では下半身を厚く、上半身を薄着にして、熱が逃げるように首元は開けておくようにオススメされています。

ショートカットの私は余計に首が冷えるので、職場で寒いときは首にショールを巻いています。(自衛しないと、訴えてもしょうがないので。大きな組織には歯向かっても仕方ないですよね。)

暑くなると冷えとりをお休みする人もいるそうですが、私は半身浴も靴下の重ねばきも変わらずやっています。

体のだるさ

冷えとりを始める前はまったく意識していませんでしたが、梅雨の時期はだるいです。
人間ができていないもので、雨が続くと気分まで暗くなるし、梅雨の時期は調子が悪いことがわかったのも、冷えとりのおかげかなと思います。

自分の体の状態に気づくことができるのはいいことだと思います。
半身浴を長めにしたり、しっかり睡眠を取って自炊をするようにして、体の調子を整えたいと思います。

破れる靴下

冷えとり靴下は、どんどん破れているので、繕っています。穴が開くのがわかる人もいるようですが、私はまったく分からず、気づいたら穴が開いている感じです。

以前は冷えとり靴下の841で紹介されているやり方で繕っていましたが、最近はダーニングの手法で繕っています。

裁縫が苦手な私がやるのでなんちゃって、ですけど。人生で一番、お裁縫をしています。
冷えとりを始めるまでは、裁縫箱の出番なんてめったになかったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)