「きょうからはじめる冷えとりレッスン入門ノ書」を読みました

「冷えとりガールのスタイルブック」を読んで、半身浴や靴下の重ね履きなどの冷えとりを始めました。
朝までぐっすり眠れるようになって、疲れにくくなったし、靴下の重ね履きは暖かくて気持ちが良いです。

「冷えとりガールのスタイルブック」を読みました
たまプラーザのオーガニックカフェ「so-wa」でランチをした時に、「服部みれいの冷えとりスタイル100連発ッ」という本を読みました。...

彼にも勧めたら、意外とすんなり受け入れてくれて、彼も靴下の重ね履きをしています。彼も以前から半身浴はしていました。しかも朝晩。後は靴下と食生活だけ実行すればいいだけなんです。

冷えとり健康法の本

冷えとり健康法のバイブル的存在の本「新版 万病を治す冷えとり健康法」は、彼が先に読んでいます。読み終わったら貸してもらう予定です。この本は図書館になかったし、持っておくと良いと思ったので、買おうと思っていたら彼が買ってくれました(^_^)

進藤幸恵さんの本

図書館で「きょうからはじめる冷えとりレッスン入門ノ書」を借りて読みました。
進藤義晴先生の次女で冷えとりアドバイザーの進藤幸恵さんの本です。
横長の本です。イラスト入りで分かりやすくまとめられています。

冷えとりレッスン入門ノ書

進藤義晴先生は昔大食いで太っていたそうで、自ら半身浴や靴下の重ね履きを実践して腰痛や肩こりを治し、冷えとり健康法を確立したそうです。

毒について

冷えとり健康法では、「毒」という言葉がよく出てきます。
毒とは、

生きていれば、毎日たまっていく、体に有害無用なもの

と書いてあります。

食品添加物や農薬などの物質的な毒、ストレスや気のもつれなどの精神的な毒、血行不良のためにたまったドロドロの血液などを指すそうです。

毒そのものは、目に見えないが、体外に出る時はいろんな症状になって現れるそうです。

毒とは

私も、完全に体に有害なものを入れないのはムリだと思うので、毒を出す方法として、冷えとりは有効だと思います。自分で、手軽に出来るのが良いです。

心の冷え

心の冷えは、体の冷えの4000倍の毒があるという説もあるそうです。ネガティブな感情が毒となって病気になることもあるそうです。

心の冷え

強制しない

人に勧めるときの対応の仕方なども参考になりました。強制するのではなく、まず自分がやって、健康になって、もし興味を持ったら伝えると良いそうです。

長岡式酵素玄米の講習会でも、講師の方が「強制するのは圧力になる」と言われていました。まず、自分が実践するのが大事ですね(^_^)

感想

イラスト入りなので読みやすく、分かりやすい本だと思います。Q&Aやコラムなども参考になりました。

半身浴や靴下の重ね履きはやっていますが、食べ過ぎないことと心の冷えについては、まだまだだなぁと思いますが、焦らずやっていこうと思います。

▼体験談も乗っているので、参考になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)