日本最古のみりんメーカー【九重味淋】の本みりん「九重櫻」

暑い時期はしょうゆとみりんをよく使います。

私は夏の主食がそうめんなのですが、めんつゆを作るのにしょうゆとみりんを使うからです。作り方は簡単で、しょうゆとみりん1カップずつと、だし2カップを煮立てるだけです。

somen

酒類のみりんよりも値段が安いので、みりん風調味料「味の母」を使っていますが、昔ながらの製法で、手間隙かけてじっくりと醸造した本みりんを見つけました。

日本最古のみりん蔵の最高傑作の本みりん

安永元年(1772年)創業の「九重味淋」は、日本最古のみりんメーカーです。



原材料には、国内産水稲もち米、米こうじ、本格米焼酎のみが使われています。
創業当時から受け継がれる昔ながらの製法で、手間隙かけてじっくりと醸造した本みりんです。

もち米だけで作られる自然な甘みと豊富なうま味は格別で、料理をよりいっそうおいしく仕上げてくれます。

本みりんの調理効果

本みりんを使うと、砂糖などでは得られない上品な甘味がつきます。

上品な甘み

本みりんの甘味の主成分は「ブドウ糖」で、砂糖に比べると後味がよく、さっぱりとした上品な甘さを持っています。砂糖の糖分はショ糖だけですが、本みりんにはブドウ糖など9種類以上が含まれており、さっぱりしているだけでなく、コクとまるみがあって深い味わいの甘みになります。

nikujaga

アルコールの働き

本みりんに含まれるアルコールは、煮くずれの原因となるペクチンを溶けにくくして、煮くずれを防ぎます。
また、食材への味の浸透を早めて均一に仕上げてくれたり、魚などの生臭みを取り除いたりしてくれます。

nimono

焼色と照り艶

糖とアミノ酸が加熱されることで、きれいな焼き色に仕上がります。
お料理においしそうなてり・つやがつきます。糖が素材の表面に被膜をつくり、水分やおいしさを保ちます。

teriyaki

本みりんを使うと、料理がおいしくなりそうですね。ご飯を炊くときや、お菓子作りにも使えるそうです。
私も使ってみたいです♪


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)